逆さまつげをアイプチで自分で治す!手術で二重にしなくても対処・改善できる?

逆さまつげの治し方。手術しなくてもアイプチで治る?

最終更新日

逆さまつげって痛いし、ものすごく気になりますよね。

ふだんの負担の生活にも支障が出るので、早く治したいと思っているのではないでしょうか?

逆さまつげは一時的に症状を抑えて改善するやり方もありますし、根本的に解決するなら手術という方法もあります。

充血や目やにといった明らかな症状がある方は手術を受けることをお勧めしますが、「チクチクして気になる」程度であれば正直なところ病院に行くのも億劫だし、何よりちょっと怖いですよね。

そんな方には、アイプチを使った自宅で自分でできる簡単な方法をご紹介したいと思います。

ついでに二重まぶたがゲットできて、キレイな目元に変身できちゃうかも?
ウインク2

逆さまつ毛の原因とは?

逆さまつ毛の原因

逆さまつ毛は内側に向かって生えるまつ毛の状態を指します。これが目に刺さって刺激を与えているんですね。

目の周りの筋肉が未発達な乳児・幼児は逆さまつげになることも多いですが、この場合は成長とともに改善することが多いです。

それに対して大人が逆さまつげになる原因は、

  • 睫毛内反(しょうもうないはん)…生まれつきまつ毛が眼球を向いて生えている状態。
  • 睫毛乱生(しょうもうらんせい)…まつ毛の向きが不規則に生えてくること。
  • 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)…まぶたが垂れ下がって眼球の方向を向き、まつ毛が刺さる。

こういったものがあります。

症状の度合いは人それぞれですが、目やにが出ていたり充血が見られる場合は早急に対処が必要です。

自分の眼球の角膜がまつげによって傷つけられているわけで、放置していると視力が落ちてしまうことも。

何より生活する上でとてもストレスが大きいですし、早く治したいですよね。

何でアイプチで逆さまつげが改善するの?

何でアイプチで逆さまつ毛改善する?逆さまつげとアイプチの関連性がいまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。

アイプチはご存知のように「二重まぶたを人工的につくるのりまたはテープ」ですが、これを使うことでまぶたが上向きになります。

その結果、内向きに生えているまつげが自然と少し外向きになるので、眼球に触れないようになる効果が期待できるんです。

逆さまつげの方は一重まぶたか奥二重であることが多いと思いますが、二重まぶたになることでこんなメリットもあったんですね。

アイプチは他の方法と比べてメリットが多い

アイプチはメリットが多い

逆さまつげを改善する一般的な方法は色々とありますが、それぞれに良いところと悪いところがあります。

そんな中でもアイプチを使った対策は自宅で自分で気軽に行えるなど、メリットが多い方法です。

費用も他の方法と比べて高くはありません。

むしろ成功すれば自然な二重まぶたがゲットできるので、女性にとっては嬉しい方法だとも言えるでしょう。

とはいえ、まずは逆さまつげの一般的な対処法ってどんなものがあるの?ということが気になりますよね。

まずは「逆さまつげ対策」の全体像を見ていきましょう。

逆さまつ毛の治し方は?

逆さまつ毛の治し方は?

逆さまつげの治療法について、まずは一時的な対処法をご紹介していきます。

一時的に症状を抑える方法

逆さまつげの症状をとりあえず一時的に抑えるには、

  • まつ毛を抜く
  • まつ毛を切る
  • ビューラーで上向きにする
  • まつ毛パーマをかける

といった方法があります。

まつ毛を抜く

まつ毛を抜く

逆さに生えているまつ毛を抜くことで一時的に改善できます。

自分で抜くのもありですが、怖かったら眼科でもまつ毛を抜いてもらえます。

お手軽な方法ではありますが、逆さではない正常なまつげまで抜いてしまわないよう注意が必要です。

まつ毛を切る

まつ毛を切る

まつ毛を切ることで少しの間症状を和らげることができます。

ただ、「短くなったまつ毛がまばたきのたびにチクチクして気になる」ということもあるので、まつ毛を切る方法は応急処置くらいに考えると良いでしょう。

ビューラーで上向きにする

ビューラーで上向きにする

ビューラーでしっかり上向きにすればまつ毛が眼球に刺さらなくなります。

女性の方であればメイクはほぼ毎日するかと思うので、症状が軽度であればこの方法で逆さまつ毛と付き合って行くこともできそうですね。

ただ、しっかりまつ毛を上げないと長持ちしない場合があります。マスカラの重みでまつ毛が下がってきて、また症状が復活してしまう場合もあります。

カール用のマスカラ下地や、上向きまつ毛を作りやすいビューラーを使うことで丸1日上向きまつ毛をキープしたいところですね。

まつげ下がらない方法は?
マスカラでまつげが下がるのが嫌!これ何とかなる?下がらない方法をまとめました
「頑張ってビューラーしても、マスカラですぐに下がっちゃう…」 「色々工夫してるのに、なんかうまくいかないなぁ」 「イライラしてビューラーかけてたら、まつ毛抜けちゃった…
2018-06-05 06:15

まつ毛パーマをかける

まつ毛パーマをかける

まつ毛パーマは逆さまつ毛の治療法として特に有名な方法で、中には男性でも逆さまつ毛の改善のために、まつ毛パーマの施術を受ける方がいらっしゃいます。

男のまつ毛パーマ
男がこっそりまつげパーマをかける方法。逆さまつ毛の男性は必見です!
最近はまつ毛パーマをかけたい男性が増えてるみたいなんです。 女の人から見たら、「男がまつ毛パーマ??」なんていう気がしてしまいそうですよね。 もちろん美意識が高い男性が
2018-06-30 06:35

しかし、結局のところまつ毛パーマも一時的なもので、カールが取れてくればまた内向きのまつ毛に戻ってしまいます。

1ヶ月ほどは持ちますが、根本的な解決にはならないのがデメリットです。

手術をすれば根本的に解決できる

逆さまつげは手術をすることで根本的な改善ができます。
手術の方法としては、

・毛根を焼く
・まぶたを二重にする

といったものがあります。

毛根を焼く

毛根を焼く

これは医療脱毛と同じやり方で、まつげより細いピンを毛穴に差し込み、電気で毛根を焼くことでまつげが生えてこないようにするものです。

 

まつ毛はできれば温存したいというのもありますが、逆さに生えてくるまつげが一本や二本程度だったら良い方法ですよね。

一番確実なのは二重まぶたの整形手術

一番確実なのは整形手術

これは「二重まぶたを形成する手術」で、眼科もしくは整形外科、美容クリニックなどで施術を受けることができます。

針と糸でまぶたを縫い付けるようにして行う埋没法と、まぶたの一部を切り取ってしまう切開法があります。

整形手術のデメリット

整形手術のデメリット

二重まぶたの整形手術は逆さまつげを確実に治せるメリットがありますが、同時に多くのデメリットもあると思っています。

それはずばり、

  • 見た目的に失敗する可能性がある
  • 費用が高い
  • 痛い

この3点です。

見た目的に失敗する可能性がある

整形は失敗する可能性がある

目元は顔の印象を決める大事なパーツですので、逆さまつげが治ればそれでいいという話でもないですよね。

整形手術は必ずうまくいくわけではなく、場合によっては仕上がりが気に入らないという事も起こります。

一度失敗してしまうと修正がきかないので、それだけリスクのある方法だということは認識しておく必要があります。

費用が高い

費用が高い

この施術を眼科で受ければ保険が適用になるので費用が安く抑えられます。

しかし、眼科はあくまでも目の疾患を治療するところ。「美しい二重まぶたを作る」という観点はあまり持ち合わせていない場合もあります。

となるとやはり美容外科やクリニックで手術を受けることをお勧めしますが、この場合は手術にかかる費用は埋没法で5万円から10万円、切開法で20万円から30万円が相場のようです。

なかなか高いですよね。

痛い

整形手術は痛い

手術は当然麻酔をして行うので、施術中の痛みはほとんど感じません。

しかし、「麻酔が切れた後の痛みは地獄」なんていう話もよく聞きます。

痛みを感じる度合いは個人差がありますが、埋没法にしろ切開法にしろ、いずれも1週間程度は内出血やまぶたの腫れに苦しむ必要があるようです。

手術に抵抗がある人はアイプチがおすすめ

手術に抵抗ある方はアイプチがおすすめ

これらの「整形手術のデメリット」が全く気にならない方は迷わず手術を受けてもいいと思いますが、少しでも抵抗感や怖さを感じているのであれば、まず先にアイプチを試すのも一つの方法です。

アイプチは費用も比較的安く、市販されているものを使うだけなので病院に通う必要もありません。

使用方法は難しくなく、慣れてしまえば簡単につけることができます。

上まぶたに二重のクセ付けをしてしまえば、知らないうちにアイプチなしで自然な二重まぶたになっていることも。
体に傷をつけるものではないので失敗もありません。

まさに良いことづくしのアイプチ。これまで使ったことがない人でも、自分の逆さまつげを改善するためなら使う気になるのではないでしょうか?

アイプチのデメリット

このようにアイプチは逆さまつげ解消法として、一度は試していただきたい方法ですが、あえてデメリットを挙げるとするなら

・やりすぎると逆効果
・他人にバレる可能性がある

この2つがあると思います。

やりすぎると逆効果

やりすぎると逆効果

アイプチはまぶたに糊またはアイテープをつけて二重を作っていく方法ですが、長時間つけたままにしておくとまぶたに負担をかけてしまう可能性があります。

場合によってはまぶたの皮膚が伸び、逆に逆さまつげが悪化してしまう可能性もあります。

他人にバレる可能性がある

他人にバレる可能性がある

アイプチを日中つけておくと、ふいに目を閉じた時に糊やテープが見えて、周りの人に気づかれてしまうことも考えられます。

学校の友達や会社の同僚にバレてしまうのは恥ずかしいということもあると思います。

デメリットなしの新発想のアイプチがある

新発想のアイプチ

この2つのデメリットを考えなくて済む、新発想のアイプチがあります。

それは「夜寝ている間だけ使用するタイプ」のアイプチです。

朝起きたら外してしまうので、出先で人に気づかれてしまう心配はありません。

また、夜寝ている間は成長ホルモンを分泌して肌が再生する、二重瞼のクセづけにはベストなタイミングです。

夜寝ている間だけなのでそんなに長時間でもありませんし、まぶたの皮膚に負担をかけないのもポイントです。

このタイプの商品としてはナイトアイボーテが人気も高く非常に有名ですが、薬局やドラッグストアで市販されているものもあるので、成分を比較して自分に合いそうなものをチョイスするようにしましょう。

まとめ

まとめ

もちろん、これを使えば必ず逆さまつげが治るわけではなく、重い一重まぶたの方はアイプチで改善できないこともあると思います。

ただ、手術をする前に一度試してみる価値はあると思いますし、気軽に取り組める簡単な方法でもあります。

あなたも夜用アイプチを使って、逆さまつ毛をケアしつつ、自然な二重を手に入れてみてはいかがですか?

即効性はないので根気強さも必要ですが、痛みもありませんしノーリスクなのでおすすめです♪
ウインク1

Bassaおすすめのまつげ美容液

まつげ美容液おすすめランキング

コメントは受け付けていません。