まつげ美容液のメリット・デメリットは?まつエクとつけまの良い点悪い点も解説

目元を美しく魅せるための方法はいろいろありますが、その中でもまつげ美容液を使うことはとても良い方法だと思っています。

個人的な感覚ですが、これからの時代はよりナチュラルな美しさが求められていくような気がしているからです。

とはいっても、まつげ美容液をこれまで使ったことがない方なら、一体どんなデメリットがあるのかが気になりますよね。

というわけで、今回はまつげ美容液のメリットとデメリットについて考えていきましょう。

また、記事後半ではまつげエクステ、つけまつげについてもメリットデメリットをまとめています。

まつ毛のケアをするのにどの方法が自分に向いているのか?あなたに合ったまつ育スタイルを見つける参考になれば幸いです。

まつげ美容液のメリット

まつげ美容液のメリット

始めに、まつげ美容液を使うことでどんなメリットがあるのかをお伝えします。

あえて言うまでもないですが、まつ毛美容液の最大のメリットは「自分のまつ毛を育てることができる」という点です。

作り物ではない、本物の自まつ毛を美しく魅せることができるんですね。

これを踏まえたうえで、少し具体的なメリットについて説明していきます。

毛根の皮膚にうるおいを与える

まつげ美容液でうるおいを与える

まつげ美容液には保湿成分が多く含まれており、うるおいを与えることで皮膚の状態を改善する効果が期待できます。

まつ毛の毛根付近の皮膚がカラカラに乾いていると、まつ毛の生育に必要な栄養が十分に行き渡りません。

目元の皮膚を保湿してハリが戻れば、毛穴も引き締まってまつ毛が抜けてしまうのも防止できます。

商品によってはアイクリームのようにまぶたにも使用できるものもあり、目元全体を乾燥から守って美しく保つこともできるので、目元のカサカサに悩んでいる方には合っているでしょう。

目元の血行を促進

まつげ美容液で血行促進

多くのまつげ美容液にはオタネニンジン根エキスのように血行を促進する成分が含まれています。

これにより目元の血流を改善できれば、毛根に栄養をふんだんに届けることができるようになります。

結果的にまつげが太く丈夫なまつげが成長してくるので、血行はとても大事です。

まぶた全体に使用するタイプまつげ美容液であれば、目元の青クマを目立たなくする効果も期待できます。

まつげをコーティングして濃くしなやかに魅せる

まつげをしなやかに

まつげ美容液には、たとえばパンテノールのような保護成分で毛をコーティングするものがよくあります。

これによってまつ毛の一本一本に存在感が増し、全体的に濃く見えてきます。

しなやかなまつ毛をサポートする効果も期待できるので、まつ毛がパサパサして弱っているな、と感じる場合には有効です。

化粧品だから誰でも気軽に買うことができる

まつげ美容液はだれでも買える

まつ毛美容液のほとんどは医薬品ではなく化粧品です。

医師の処方せんなし、薬剤師の説明もなしにどなたでも気軽に購入して使えるのがメリットです。

副作用の心配もなく、基本的には安全に使用することができます。

※一部の商品には医薬品成分を使ったものもあり、こちらは副作用があります。

塗るだけなので簡単ケア

まつげ美容液は塗るだけ

まつ毛美容液を使ったケアは、まつ毛や目元に塗るだけの簡単なものです。

まつ毛エクステのようにサロンに通ってメンテナンスをする必要もありませんし、すべてが自宅で短時間で済んでしまうのがメリットです。

現代人は忙しく時間が取れないということが多いので、時代に合ったまつ毛ケアの方法ということができそうですね。

安い物から始められる

まつげ美容液は安いのもある

まつげ美容液には1本一万円以上もする高価な商品もありますが、逆に1,000円程度のものや、極端な例だと100円ショップの商品もあります。

もちろん使っている成分もピンキリになってくると思いますが、「とりあえず始めてみたい」という方にとってのハードルが低いのもまつげ美容液の特徴です。

まつ毛のケアで重要なのは継続することなので、人それぞれの予算に合わせたアイテムを選択できるのはありがたいですよね。

自分に自信がつく

自信がつく

まつ毛美容液で効果を実感できれば、本物の健やかな自まつ毛が手に入るわけです。

これによって得られる自信は、まつエクやつけまつげでは経験できないものですよね。

自分に自信を持つことで人間関係のコミュニケーションも楽になったり、異性に対しても積極的になれたりと嬉しいメリットがたくさんあります。

まつげ美容液のデメリット

まつげ美容液のデメリット

逆に、まつげ美容液にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

ここが一番気になる部分かと思いますので、まつ毛ケアをこれから始めてみたい、という方にはよくご覧いただき、参考にしてもらえればと思います。

即効性はない

まつげ美容液は即効性がない

まつ毛美容液を使って効果を実感できるまでにはある程度の期間が必要となります。

使ったらといってすぐにまつ毛が伸びるわけではないですし、即効性がないのがデメリットです。

どのくらいで効果が出るのか?というと、効果を実感している方の平均として1カ月から2カ月程度というのがあります。

これには個人差があり、たとえばまつ毛に対して今まで何のケアもしていなかったような方なら、使って数日で変化を感じられることもあります。

毎日地道に続ける必要がある

まつげ美容液は地道に継続

先ほどは「サロンに通う必要がなく自宅で済んでしまうメリットがある」とお伝えしましたが、その代わりにまつげ美容液は毎日地道にケアを継続する必要があります。

化粧品にあまり興味がなく、面倒くさがりの方にとってはデメリットでもあると思います。

まつげ美容液にも向き不向きがありそうですね。

効果を保証するものではない

効果は保証できない

たとえばまつげエクステなら、施術してもらえば誰でも間違いなくまつ毛が増えて見えます。

しかし、まつげ美容液の効果は個人差があります。

違いを感じられる人もいれば、残念ながら全く感じられない人もいる、ということですね。

なかなか目に見えないものに対してケアを続けられるかどうか?という話になってくるので、必ず効果を出したいという方にとってはデメリットでしょう。

肌に合わない場合がある

まつげ美容液が肌に合わない

まつげ美容液は化粧品なので基本的に副作用の心配がありませんが、肌に合わずにかぶれを起こしてしまう場合があります。

ここも個人差がある部分で、その日の体調や生理前・生理中などホルモンバランスによっても左右されるので敏感肌の方は注意が必要かもしれません。

特に目元の皮膚は薄いので化粧品の影響を受けやすいもの。化粧品かぶれを経験したことがない方でも、一度パッチテストを行うなど慎重になることをおすすめします。

高品質のまつげ美容液は値段も高い

まつげ美容液は値段も高い

先ほどお伝えした「まつげ美容液は安く始められるのがメリット」というのと逆の発想ですが、本当に良い物を使いたいと思ったらやはり値段が高くなってきてしまいます。

良い物とはたとえばキャピキシルやリデンシルといった男性用育毛剤に使われている成分を配合したものです。

まつ毛のトリートメント効果だけでは満足できず、「まつ毛の量を増やしたい、長く太く伸ばしたい」と考えた時にはやはりある程度の投資が必要になるでしょう。

まつげ美容液をやめたら早い段階で元に戻る

まつ毛美容液はケアを行っている間はまつ毛を健やかに保つことができますが、やめてしまうとすぐに元通りになってしまいます。

これは、まつ毛が髪の毛と違って生え変わりの周期が短いのが理由です。髪の毛は生え変わりまで2~3年と言われていますが、まつ毛の場合は伸びるのも抜けるのも早く、期間は4カ月とぐっと短くなります。

ですので、ケアをやめてしまうと4か月後には間違いなく元通りに戻ってしまうでしょう。

まつエク、つけまのメリットデメリット

まつエク、つけまのメリットデメリット

まつ毛を美しく魅せるために、まつげ美容液以外の方法としては、まつげエクステとつけまつげの使用があります。

これらに共通して言えるのは「確実に効果が出るメリット」と「自まつ毛に負担をかけてしまうデメリット」があるということです。

自まつ毛が痛んでいる方や量がそもそも少ない方にはあまりおすすめできませんが、即効性や確実性を求める方には合っているでしょう。

どれを選ぶかについては、それぞれ詳しくメリット・デメリットを確認することで「自分に合ったまつ毛の魅せ方」が見えてくると思います。

以下で解説しているので、参考にしてくださいね。

まつげエクステのメリットとデメリットは?

まつ毛エクステは自まつ毛に人工まつ毛を一本ずつグルー(接着剤)でつけることで、全体のボリュームアップができるものです。

メリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

まつげエクステのメリット

まつエクのメリット

仕上がりがナチュラル


まつ毛エクステは自まつ毛ではないものの、仕上がりが自然なのでパッと見て人には分からないことも多いです。

すぐにまつ毛を増やしたい、でも他人にはあまりバレたくないという方には合っているでしょう。

プロの意見を聞きながら毛量、長さ、カールの具合を選べる


まつエクは美容師が施術してつけるものなので、自分に合ったスタイルを美容のプロに相談しながら進められるメリットがあります。

自分のセンスに自信がない、詳しい人にお任せしたいという場合には良いですね。

ある程度長持ちする


一度つけてしまえばある程度長持ちするのがまつ毛エクステの良いところです。

扱いが雑だと1~2週間で取れてしまったりもしますが、気をつけて長持ちさせれば1か月程度は持ちます。

メイクの時間が短縮できる


まつエクをしているとアイメイクの時間が大幅に短縮できます。

場合によっては全くアイメイクをせず、目元に関してはすっぴんでも大丈夫、という方もいらっしゃるでしょう。

毎朝あわただしくメイクをするストレスがかなり軽減できると思います。

まつげエクステのデメリット

まつエクのデメリット

サロンに通う時間と手間が必要


毎朝のアイメイクの時間は短縮できますが、その代わりにサロンに行く時間と手間は必要です。定期的にサロンに通ってメンテナンスをする必要もあることも忘れてはなりません。

新たにエクステをつける場合は平均して1.5時間~2時間程度かかり、リペアやオフなどのメンテナンスには15分程度かかります。

メンテナンスの頻度は3週間おき程度となるので、自宅や職場や学校からのアクセスが便利な美容室を選ぶことが重要です。

仕上がりが施術者の技術に左右される


「仕上がりがナチュラル」というメリットをあげましたが、もちろんこれは施術者のセンスと技術によります。

相性の合う美容師さんに当たるかどうかは運次第なので、「この人にお願いしたい!」というのが見つかるまでは苦労する場合もあります。

値段が高い


選ぶサロンやまつエクの本数にもよりますが、平均的な相場からするとまつ毛エクステの1回あたりの施術代は5,000円程度です。

これを継続していくわけなので、「トータルで考えるとなかなか値段が高い」ということが言えると思います。

クレンジング剤のチョイスに注意が必要


まつエクをしている場合、クレンジング剤や洗顔料には気を遣います。

オイル配合のものを選んでしまうと、エクステのグルーを溶かしてしまう可能性があるからです。

グルーを溶かしてしまうとせっかくつけたまつエクが取れてしまいますし、溶けだした接着剤が目元の皮膚にも刺激を与えるので気をつけた方が良いでしょう。

つけまつげのメリットとデメリットは?

つけまのメリットデメリット

つけまつげは、人工のまつ毛を自分のまつ毛の生え際に両面テープで貼り付けて使います。

どんなメリットとデメリットがあるのか考えてみました。

つけまつげのメリット

つけまのメリット

自分でできる


まつエクはプロの美容師に施術してもらう必要がありますが、つけまつげは自分で取り付けるものです。

自宅で気楽にまつ毛メイクを楽しみたい、という方には合っていますね。

値段が安い


つけまつげは安いものだとそれこそ100円から買うことができ、どんなに高い物でも5,000円程度までとなっています。

アイメイクにあまりお金をかけたくない方にはつけまつげが良い選択肢と言えそうです。

種類が豊富で好きなものを選べる


まつ毛エクステは一度つけてしまったら自然に取れるまでずっとそのままのスタイルですが、つけまつげはその日の気分によって濃さや長さを選ぶこともできます。

自分であれこれと色々なスタイルを試し、楽しむことができる方法です。

自由に付け外しができる


つけまつげはつけたい時につけ、外したい時は外せます。

日常生活は色々なシーンがあり、友人との集まりや彼氏とのデートなどまつ毛に力を入れたい日もあれば、仕事や学校など外さなければならない日もあります。

このような場合につけまつげは取り外しが自由なので、その日の状況や気分に合わせたスタイルを取れるメリットがあります。

つけまつげのデメリット

つけまのデメリット

上手につけるには技術やセンスが必要


つけまつげは自分で上手につける必要があります。

美容のプロにお任せできるまつげエクステと違って、つけまつげの場合はすべて自分の美容センスと技術だけが頼りになるので気が抜けません。

耐久性は弱い


つけまつげは耐久性が弱いので、その日の終わり頃にははがれてきてしまうことも多いです。

雨の日には弱い、風が強いとはがれやすくなるなど屋外向きではないこともデメリットです。

つけまだと一発でわかる


つけまつげは手軽なのは良いですが、ちょっと自然さには欠けるかもしれません。

つけていれば一発でつけまつげだと分かってしまいますよね。

つけまつげは文化、ということで特に気にならない方であれば良いですが、自然にまつ毛をボリュームアップしたい場合にはあまり合っていません。

両面テープでかぶれる


つけまつげは専用の両面テープで貼り付ける方法が主流ですが、両面テープの接着剤が肌に合わないとかぶれてしまいます。

かぶれてしまうとまぶたが腫れてしまうので敏感肌の方は注意が必要です。

付け外しの繰り返しが肌の負担となる


つけまつげを毎日のようにつけたり外したりしていると、かなりの肌の負担になってしまいます。

自まつ毛を痛めてしまったりまぶたの乾燥を招いてしまうことがあるので、つけまつげを使用している場合はアイクリームなどで欠かさずケアすることをおすすめします。

まとめ

まとめ

まつ毛美容液のメリットとデメリット、そしてまつエクとつけまについてもお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

それぞれに良いところと悪いところがあるので、よく検討して自分に合ったまつ毛の魅せ方を選んでいただければと思います。

また、まつげエクステやつけまつげを使うとしても、まつ毛美容液を併用するのはおすすめです。

まつエクもつけまも自まつ毛に負担を与えてしまうものなので、むしろまつ毛ケアは入念に行う必要があるでしょう。

まつエクの接着剤を溶かさない「まつエクOK」のオイルフリーまつげ美容液も多く販売されています。

いずれにしても、自信のあるまつ毛を手に入れるためには「まつげを大切に扱う」ということが何より大事だと思います。

地道にケアを続けて、きれいな目元を目指していきましょう!

コメントは受け付けていません。