まつ毛パーマが上がりすぎた!とりたい…かかりすぎたカールを元に戻す方法はない?

まつ毛パーマで上がりすぎ

たとえばまつ毛が下向きに生えている方や逆さまつげの方なら、毎日のアイメイクに時間がかかって仕方がありませんよね。

ビューラーでグイグイ上げている、ホットビューラーを使わないとなかなか上がらない、という方も多いはずです。

そんな方にとって、まつ毛パーマはとても効率的な時短の方法だと思います。

アイメイクをどこまでやるかにもよりますが、人によってはマスカラだけ塗って終了、ということもあるでしょう。

でも、まつ毛パーマは一度かけてしまうとすぐには元に戻らないというデメリットもあります。

まつ毛パーマをかけてみたら、想像よりも上がり過ぎてしまってかえって不自然に見える…

そんなことはありませんか?

せっかくまつげパーマをするのだから、上がらないのは困るのですが、かといって逆に上がりすぎてしまってもなんだか恥ずかしいですよね。

  • 「この違和感をなんとかする方法はないの?」
  • 「元のまつげに戻したい!」
  • 「でもパーマをやり直すとまつ毛が傷んでしまいそう…」

こんなことが気になるかと思うので、今回の記事ではまつ毛パーマで上がりすぎてしまったまつげへの対処法や、今後注意すべき点についてお伝えしています。

あなたの参考になれば幸いです。

まつ毛パーマをしたら上がりすぎてしまった!

まつ毛パーマで上がりすぎてしまった

まつ毛パーマの失敗の中でもよく見られるのは「上がり過ぎてしまった」というものです。

スタイルブックを元に好みのデザインを伝えているはずなのに、どうしてこのようなことになってしまうんでしょうか?

まつ毛パーマが想像以上に上がりすぎてしまう原因について考えてみました。

まつ毛パーマが上がりすぎる原因

まつ毛パーマが上がりすぎの原因

まつ毛パーマは上がりすぎる原因は大きく分けて2つあります。

一つはその人のまつげの特性によるもの、そしてもう一つは施術する側の問題です。

まつ毛パーマがかかりやすい毛質だった

髪の毛と同じで、まつ毛の質感や特性も人それぞれ違います。

それはつまり、まつ毛パーマのかかり方にも個人差があるということです。

一般的には、適度にハリのあるまつげはパーマがかかりやすく、猫っ毛のようなコシがないまつげはパーマがかかりにくいと言われています。

しかしパーマのかかりやすさの原因はこれだけではなく、まつ毛の傷み具合やこれまでかけたパーマの回数など色々な要素があります。

結局のところ「やってみなければ分からない」のが正直なところなのですが、ともかくパーマがかかりやすい毛質だと「上がりすぎ」になりやすいです。

施術者の経験不足

毛質の個人差を見分けて微調整し理想の仕上がりにもっていくのが、熟練の美容師やアイリストの仕事です。

となると、美容師やアイリストの経験や技術が足りないことが原因でまつ毛の上がりすぎを招いた可能性もあるでしょう。

もう少し具体的な要因としては次のことがあげられます。

カウンセリングがきちんとできていない

美容師のカウンセリング

まつ毛パーマを行う前には、どこのサロンでも必ずカウンセリングを行います。

カウンセリングでは「現在妊娠中かどうか」「アレルギーをこれまでに起こしたことがあるか」「目元付近の皮膚のコンディションに問題はないか」などの基本的なものから、 パーマの希望のデザインやまつ毛の悩み、まつ毛の状態などをチェックしていきます。

ここでお客さんの希望をちゃんと汲み取れていなかったり、まつ毛の状態を見てパーマのかかりやすさの判断を見誤ってしまうと、仕上がりに満足できない可能性は高いでしょう。

薬剤を定着させる時間が長すぎる

まつ毛パーマは髪の毛に使うものと同じようなパーマ液を使用します。

パーマ液を睫毛に定着させる時間が短ければ緩やかな仕上がりになりますし、長ければきつめの仕上がりになります。

単純に、この定着時間が長すぎてしまうと失敗します。

この場合はまつげが上がりすぎてしまうならまだ良い方で、最悪の場合はまつげが傷んで縮れ、チリチリになってしまうこともあります。

使用するロッドが合っていない

まつ毛パーマのカール具合はロッドの太さと巻き方で決まります。

まつ毛が上がりすぎる場合、 それは薄いロッドやサイズの小さいロッドを使っていることが多いです。

そのようなロッドはまつ毛を根元から垂直に貼り付けるような形になるので、まつげの先がまぶたに触れてしまうという「上がりすぎ」のスタイルになります。

上がりすぎたまつげの対処法

上がりすぎたまつ毛の対処法

上がりすぎて不自然になってしまったまつ毛…どのように対処したらよいのでしょうか?

この記事を見ている方が一番知りたいのはここだと思います。 さっそく見ていきましょう。

しばらく放置して様子を見る

もしも気に食わないスタイルに我慢ができるようであれば、 まずは放置して様子を見るのがおすすめです。

誰しもパーマをかけた瞬間がベストな仕上がりであってほしいものですが、数日から一週間くらいでパーマが落ち着き、ちょうど良くなることもあります。

パーマをあててから一週間~二週間後がちょうどいいカール具合になって、マスカラもつけやすいし自然でかなり綺麗ですよー!

出典:Yahoo!知恵袋

どうして放置するのがおすすめなのかと言うと、やはりパーマ直後のまつげは傷んでいるからです。

あまり色々といじってしまうと取り返しのつかない事になりかねません。

もし今の上がりすぎの状態に我慢ができるようであれば、放置して様子を見ましょう。

まつ毛は髪の毛と比較して毛周期が早く、伸びやすい特徴もあるので、いっそのこと生え変わるのを待つのも良いと思います。

施術してもらったお店でやり直してもらう

まつ毛パーマサロンイメージ

仕上がりが気に入らないからと言ってパーマをかけなおすのは本来おすすめではありません。

しかし上がりすぎの状態にどうしても我慢できず、パーマをもう一度かけるとしたら、施術してもらったサロンでやり直すのが無難です。

なぜかと言うと、他のサロンへ行った場合はどの薬剤を使ったのか、どのロッドで現在の仕上がりになったのかが分からなくなるからです。

それに、サロンの中には「気に入らなかったら一週間以内は無料でやり直し」のアフターサービスを行っているところもあります。

よほど粗悪なサロンで信用できないと感じているなら他のサロンへ行った方が良いですが、そういうわけでないなら施術してもらったお店でパーマをし直すのが間違いないでしょう。

自分で修正してみる

かかりすぎたまつげパーマを自分で何とかする方法をいくつかご紹介します。

気休め程度にしか効果が得られない可能性もありますし、自分で対処して逆効果になってしまうリスクもあるのですが、例えば「明日までに何とかしなければいけないのにサロンがもう閉まってしまった」という仕方ない場合に参考にしてみてください。

目元リムーバーで洗う

目元リムーバーで洗う

パーマをかけた直後であれば、目元リムーバーで洗うことで残っているパーマ液を落とし、カールを緩やかにできるかもしれません。

ただ、パーマをかけた当日くらいでないと効果が薄いと思いますのでご注意ください。

濡らしたまま放置してみる

濡らしたまま放置

これもパーマをかけた直後にのみ有効な方法ですが、まつ毛を優しく洗って、濡らしたまま放置してみましょう。

「まつ毛パーマを長持ちさせるなら濡らしたままにしないでください」とはよく言われますよね。

今回の場合はまつげパーマをとりたいので逆のことをすれば良いわけです。

濡らすことでまつげに重みが出てカールが伸び、そのまま放置すればその状態が少し定着するかもしれません。

ホットスチーマーや蒸しタオルを使う

ホットタオルイメージ

これも逆の発想です。

「まつげパーマをかけたらしばらくはサウナや岩盤浴は避けた方がいい」と言われます。

これは高温多湿の環境だとパーマが長持ちしない特性があるからです。

ですので、パーマを取りたいのであれば蒸気を当ててみると良いでしょう。

実際にサウナや岩盤浴に行っても良いですが、パーマを取りたいだけならホットスチーマーで十分ですし、ピンポイントにはたらきかけられます。

その他にも手軽な方法としては蒸しタオルおすすめです。

仕上げにはドライヤーの冷風を上側からかけて伸ばすとなお良いでしょう。

ビューラーやホットビューラーで伸ばすのはおすすめしない

ビューラーで伸ばすのはおすすめしない

パーマがかかりすぎてしまったまつげへの応急処置としてネットでは「ビューラーで伸ばすといい」という声も見られます。

応急処置的な方法ですが、メイクの時に睫毛を濡らして

ビューラーで挟み細かく睫毛の先端にずらす様にするとカールが取れます。決して強くしないでくださいね。

その状態で軽くマスカラで仕上げます・・!

出典:教えて!goo 

確かに、まつ毛を元に戻す方法としてはシンプルでイメージしやすいですよね。

特にホットビューラーであればさらなる効果は期待できます。パーマは熱に弱いので、温めながら引っ張って伸ばすことでよりカールが取れやすくなるでしょう。

しかし、パーマをかけたばかりのまつげをビューラーで引っ張るのは少し不安があります。

パーマ直後の毛は非常に弱いので、引っ張るとちぎれてしまう可能性があるからです。

やるとしてもかなり優しく丁寧にしなければなりませんが、”元のまつげに戻したい”という気持ちを考えると、多くの人は深追いしてしまって、まつ毛を傷めてしまうのではないでしょうか。

まつ毛の痛みに注意が必要

まつ毛の傷みに注意

まつ毛は髪の毛よりも柔らかくて繊細にできているので、パーマによる痛みも受けやすいです。

すでにパーマをかけた時点である程度傷んでしまっている、ということを意識しましょう。

上がり過ぎてしまったからといって元に戻そうと雑に扱ってしまうと枝毛や切れ毛、縮れ毛の原因となるので注意しましょう。

ここではまつ毛が傷むことによってどうなるのか?ということについて解説します。

まつ毛がボロボロになる

まつ毛がボロボロ

そもそもまつげパーマは具体的にどういうことをしているのかと言うと、表面のキューティクルを開いて中にある芯の部分のコルテックスという組織を一旦壊し、一定の形に整えた上で再結合して形を定着させています。

つまりパーマをかけたばかりのまつげは、再結合したばかりでもろい状態にあります。この時に引っ張ってしまうとちぎれやすいのはこのためです。

強い力をかけてしまうとまつ毛がボロボロになってしまうので、あくまでも優しく扱いましょう。

まつ毛が細くなる

パーマによってキューティクルが開かれるとまつ毛の内部にある水分が蒸発し、乾燥しやすくなります。

毛が乾燥すると、ハリやコシが少なくなり、痩せて細くなってしまう悪影響が考えられます。

まつげパーマをかけた後はアフターケアがとても大切になるということを覚えておきましょう。

傷んだまつ毛をケアするにはまつげ美容液を使う

まつ毛ケア大事

パーマによって傷んでしまったまつげをケアするには「優しく扱う」「目元をこすらない」「睡眠をよくとる」「バランスの良い食事をとる」「規則正しい生活を送る」などがありますが、どれも効果としては目には見えにくいです。

そこでおすすめな方法はまつげ美容液を使うことです。

まつげ美容液はトリートメント成分でまつげをコーティングすることで外部の刺激から保護してくれます。

さらに高機能なものになると、生え際の皮膚の状態を整えて新しいまつ毛を育ちやすくしてくれたり、商品によっては男性用の育毛剤に使われている成分を取り入れたものまであります。

まつげパーマをかけたら、美容液ケアの習慣はセットとして考えてみてはいかがでしょうか。

もしもまだ取り組んでいないという方は、Bassa編集部がおすすめするまつげ美容液ランキングを参考にまつげ美容液を選んでみてくださいね!

上がりすぎの失敗を防ぐために

上がりすぎの失敗を防ぐために

今後このような目に遭わないためにも、次回以降は上がりすぎに注意したいところですよね。

失敗を防ぐための方法や考え方についてお伝えします。

信頼できるサロンを選ぶ

まつ毛パーマはやってみないとわからないので、理想的なスタイルに仕上がらないのはある意味仕方がないこととも言えます。

しかし、経験豊富なサロンであればあなたのまつげの特性を見抜き、できるだけ希望に近い形に近づけてくれるでしょう。

サロンを選ぶポイントとしては、

  • 十分なカウンセリングと説明がある
  • まつげパーマを以前から行っていて経験が長い
  • 口コミサイトでの評価が高い
  • 店内は清潔に保たれている

といったことが挙げられます。

ここで挙げたのはあくまでも目安ですが、実際に試してみて相性の合うサロンを探すのはとても大事です。

中にはなかなかお気に入りのサロンが決まらなくてジプシーを続けてしまうパターンもありますが、ここは是非妥協せずに見つけたいところですね。

ロッドのサイズを上げる

パーマのロッドのサイズアップ

まつ毛が上がり過ぎてしまう原因は小さすぎる、または薄すぎるロッドが原因だとお伝えしましたね。

ですので次回以降も同じサロンに行くなら、担当の美容師の方に事情を説明して少し大きめのロッドを使ってもらうよう相談しましょう。

サイズだけでなく、形がより膨らみのあるタイプを選ぶと、直角に上がってしまうような失敗は防ぎやすいです。

そもそも「パーマで上げ過ぎない」と思っておく

上がりすぎのまつ毛はスタイルが不自然というのが一番のデメリットですが、それだけでなく「パーマが長持ちしない」と言えます。

どういうことかというと、自まつ毛の方向とパーマで作った毛の方向にギャップがありすぎると、新しいまつ毛が生えてきた時にバラバラになって見えてしまうということです。

おおむね3週間程度で新しいまつ毛が伸びてくるので、 そのころからまつ毛の方向にばらつきが出てきます。毎日のメイクでこれを整えるのに苦労し始めることになるでしょう。

思っているより控えめに仕上げるくらいが、結果的にはパーマは長持ちするのでおすすめです。

「上がりすぎ」意外にもまつ毛パーマの失敗は多い

上がりすぎの他の失敗

髪の毛のパーマと同じように、なかなか理想的なスタイルに仕上がることは少ないものです。

まつ毛パーマの失敗は上がりすぎることだけでなく、他にも色々あります。

ここでは他にどのような失敗が多いのかを見ていきましょう。

カールが弱い

まつ毛が上がりすぎるという失敗の逆に、まつ毛が全然上がっていないという失敗もあります。

カールが思いのほか弱くて、仕上がりに納得いかないケースですね。

これは初めてパーマをかける形に多く見られる失敗です。健康な毛はキューティクルが頑丈なのでパーマ液が内部まで浸透せず、このことが理由でカールがかかりにくかったことが考えられます。

まつ毛パーマで上がってない
まつ毛パーマしたのにイマイチ上がってない…上がらない原因と対策
「まつ毛パーマをかけたけれど、イマイチ上がってなくて不満…」 こんな事ってありませんか? お店にクレームを言ってやり直してもらうのがいいのか? 他の店に行
2018-05-20 13:24

かかり方にバラつきがある

上がりすぎにしろ上がっていないにしろ、カールのかかりが均一であればまだマシで、中にはパーマのかかり方にばらつきがある場合も見られます。

理由の一つには、美容師の技術不足でまつげをロッドに貼り付ける工程が雑だったことが考えられます。

もう一つには、「まつ毛の長さがまばらだった」という不可抗力の可能性もあります。

極端に短い、または長いまつげはカールがかかりにくく、生え変わりのタイミングが悪かったりするとこういったケースに陥る場合があります。

まつ毛がチリチリになる

何度もお伝えしているように、まつげパーマは傷みを伴います。

度重なる施術によってまつ毛がチリチリになってしまう場合もあるので、一度パーマをかけたら少なくとも一か月は期間をあけることをおすすめします。

目元の皮膚が荒れてしまった

目元の皮膚が荒れる

ごく稀にですが、パーマ液の刺激によって根元の皮膚にトラブルが起きてしまう方もいらっしゃいます。

中にはパーマ液の成分でアレルギーを引き起こし、皮膚炎になってしまうケースも。

この場合はすぐに眼科へ行きましょう。最悪の場合、皮膚炎によって毛根に栄養が行き渡らなくなり、新しいまつ毛が生えてこなくなる脱毛症の危険もあります。

まとめ

 

まとめ

いかがでしたか?

上がりすぎたまつげをなんとかする方法については色々とご紹介しましたが、

基本的な考え方を1行でまとめますと、

「我慢できるならなるべく我慢し、対処するとしても傷みに気をつけて。その後のケアは重要!」

ということになります。

この記事が今のあなたに何かしらお役に立てれば幸いです。

 

コメントは受け付けていません。