まつ毛パーマが上がりすぎた!とりたい…かかりすぎたカールを元に戻す方法はない?

まつ毛パーマで上がりすぎ

最終更新日

まつげパーマって便利ですよね・・・!

下向きに生えていたり、逆さまつげになっている人でもパッチリ上向きにしてくれるまつげパーマ。

ビューラーでグイグイ上げたり、ホットビューラーをしつこくかけたりしているとまつげが傷んでしまうことがあるので、そういったダメージを避けられるのは大きなメリットだと思います。

そして毎日のアイメイクも時短できますよね。
もちろんアイメイクをどこまでやるかにもよりますが、人によってはマスカラだけさっと塗ったらもうメイクが終了してしまう、なんてことも。

でも、まつげパーマにもデメリットがあります。
それは、一度パーマをかけてしまうとすぐには元に戻らないというところ。

たとえば、「まつげパーマをかけてみたら想像よりも上がりすぎてしまった・・・」
これ、けっこう困りますよね。やりすぎ感が出てしまってなんだか恥ずかしい、という方も多いのではないでしょうか。

というわけで今回は、

  • まつげパーマで上がりすぎた時ってどうすればいいの?
  • 元に戻したいんですが・・・
  • パーマのやり直しってアリかな?

こういった疑問に対してお答えしていければと思います。

まつげパーマしたら上がりすぎた!→実はこれ、あるあるです

まつ毛パーマで上がりすぎてしまった
「まつげパーマしたら上がりすぎた」実はこの失敗ってかなりあるあるなんですよ。

アイリストさんとしっかり打ち合わせたにもかかわらず、上がりすぎることってあります。

まつげパーマが上がりすぎるのは何が原因?

まつ毛パーマが上がりすぎの原因

まつ毛パーマは上がりすぎる原因は以下の2つです。

  • パーマがかかりやすいまつ毛だった
  • アイリストさんがミスった

パーマがかかりやすいまつげだった

まつげの質感や特性は人それぞれ。パーマがかかりやすい場合とそうでない場合があります。
髪の毛も一緒ですよね。

一般的には、適度にコシのある毛にはパーマがかかりやすいと言われています。
健康すぎてガンコな剛毛にはパーマ液がなかなか浸透しませんし、逆に猫っ毛のような柔らかい毛にいくらパーマをかけてもあまり変化しないということもあります。

面白いのが、まったくまつげパーマをやったことのない初めての人だとなかなかかからないことがあるそう。
そして2回目以降だといきなりパーマがかかりやすくなったりするので、結局のところ「やってみなければ分からない」のが正直なところなようですね

アイリストさんがミスった

※「ミスった」というと聞こえが悪いですが、話をわかりやすくするために表現しています。

たとえばまつげパーマでは専用のロッドと呼ばれるものを使います。
まつげを巻きつけてカールの形を作るためのアイテムなのですが、小さいほどきついカールがかかりますし、大きいほどゆるやかなカールがかかります。

このロッドをどうやって決めるかというと、カウンセリングです。

カウンセリングはまつげパーマをかける時もまつげエクステをつける時も同様に行うもの。
たとえば現在妊娠しているか、目元にアレルギーは出ていないか、まつげのコンディションは問題ないか、など基本的なチェックを重ねつつ、お客さんの好みに合わせた理想の仕上がりをヒアリングしていくわけですね。

とはいえ、やはり人間ですから判断ミスをすることもあります。
たとえば施術したのがアイリストになりたての新人さんだったら、経験や技術が不足している場合もあるので、ロッド選びに失敗する確率も高くなりますよね。

また、ロッド選びに問題はなくても薬剤の定着時間が長すぎることが原因で失敗するケースがあります。
(うっかり時間がすぎてしまっていた、なんいていう場合は残念な凡ミスですが・・・)

パーマ液につける時間が長すぎるとまつげも傷んでしまうことがあります。痛みがひどい時はチリチリになってしまうこともあるそう。まつげは女性の大事なパーツなので、これはショックが大きいですよね。

まつげパーマで上がりすぎたら?【対処法は3つ】

上がりすぎたまつ毛の対処法
まつげパーマで上がりすぎて不自然になってしまったら・・・対処法は以下のとおりです。

  • 放置して自然に取れるのを待つ
  • 施術してもらったお店でやり直してもらう
  • 自分で修正してみる

放置して自然に取れるのを待つ

まずは放置がおすすめです。

まつげのスタイルに納得がいってないかもしれませんが、まずは3日ほど我慢してみましょう。
すると意外にもすぐに慣れてきます。

さらに、1週間ほどたつとパーマが落ち着いてくるはず。そうすれば全く気にならなくなりますよ。

パーマをあててから一週間~二週間後がちょうどいいカール具合になって、マスカラもつけやすいし自然でかなり綺麗ですよー!

出典:Yahoo!知恵袋

もしも派手すぎるように思うなら、マスカラをしないか控えめにすることで対応できます。

パーマのかけ直しはおすすめではありません。まつげパーマ直後は、とくにデリケートな時期。毛の組織が不安定になっているので、傷みやすいです。

そのままそっとしておき、まつげ美容液で毎日ケアしてくださいね。

施術してもらったお店でやり直してもらう

まつ毛パーマサロンイメージ

どうしても上がり過ぎのまつげに我慢できない時はパーマのかけ直しをするしかありません。
ここでは施術してもらったサロンでもう一度やり直してもらうといいでしょう。使った薬剤やロッドが分かりますし、やみくもに他のサロンへ行くよりは賢明な選択だと思います。

サロンの中には「気に入らなかったら一週間以内は無料でやり直し」のアフターサービスを行っているところもあるので、確認してみてくださいね。

自分で修正してみる

とはいえ、失敗されたサロンだからもう信用できない、ということもありますよね。
そんな時に使えるセルフ対応法についてここでは紹介します。

「もう時間的にサロンが閉まってるけど明日これじゃ外に出られない」なんて時にも使える方法なので、試してみてください。

まとめると次のとおり。

  • 目元用リムーバーでクレンジング
  • 「濡らす→ドライヤー冷風を上から当てる」の繰り返し
  • ホットスチーマーや蒸しタオルを当てる

目元用リムーバーでクレンジング

目元リムーバーで洗う

まつげパーマ直後はまだカールが定着していないので、その日のうちに目元用リムーバーで洗ってみましょう。

これで多少はカールが取れると思います。

ただ、ゴシゴシと乱暴にクレンジングするのはやめましょう。繰り返しですが、パーマ直後はまつげが弱くなっているので切れたり抜けたりするリスクもあります。

まつげはあくまで丁寧に扱ってくださいね。

「濡らす→ドライヤー冷風を上から当てる」の繰り返し

濡らしたまま放置

まつげを濡らすと重みで下がります。さらに、ドライヤーの風でちょっと下向きに修正しましょう。

温風だとまつげが乾燥して傷みますし、目元の皮膚にも良くないので注意してくださいね。

ホットスチーマーや蒸しタオルを当てる

スチーマーを当てる

 

美顔器やホットスチーマーの蒸気を当てるのもおすすめです。本来まつげパーマは湿気に弱く、たとえば岩盤浴などはもちを悪くすると言われています。

今回は早くまつげパーマを取りたいので、あえて蒸気を当ててみるといいでしょう。美顔器でお肌がもっちりうるおう効果も期待できるのでおすすめです。

スチーマーを持っていないようであれば蒸しタオル(ホットタオル)を目元に当てることでもOK。仕事や勉強での目の疲れも取ることができて一石二鳥ですね。

【注意】ビューラーやホットビューラーで伸ばすのはおすすめしない

ビューラーでまつげが切れる

 

応急処置的な方法ですが、メイクの時に睫毛を濡らして

ビューラーで挟み細かく睫毛の先端にずらす様にするとカールが取れます。決して強くしないでくださいね。

その状態で軽くマスカラで仕上げます・・!

出典:教えて!goo 

こういった意見もありますが、これはおすすめしません。丁寧に優しくできるのであればいいですが、おそらく深追いしてしまってまつげを傷めるパターンが多いはず。

まつげがパーマで弱くなっているので、抜けたり切れたりすることも考えられます。

傷んだまつげをケアしよう!まつげ美容液がおすすめです

まつげ美容液を使おう

繰り返しお伝えしていますが、まつげパーマをかけるとまつげが傷んでしまいます。
きちんと毎日まつげケアしていますか?そのまま放っておくとキューティクルが剥がれてコシがなくなり、抜けたり減ったりしてしまうかもしれません。

ちなみにまつげも髪の毛と同じように、パサパサになると枝毛、切れ毛になったりすることがあるんですよ。

えっ、まつげに枝毛!?どうやってケアすればいいのか、原因と対策法について
まつ毛が傷むと、裂けて枝毛になってしまうことがあります。 まつげに枝毛が大量発生しているんだが(^ω^) — yuka (@mokepachon112) 2018年8月6日
2018-12-14 06:45

このように、ボロボロになったり、細くなったりするとまつげ全体のボリュームが寂しくなり、目元の印象も薄くなってしまいがち。

女性だったらやはり、美しくて健康なまつげでいたいですよね。
まつげ美容液を使えばツヤとハリのあるまつげをキープできます。以前のフサフサな状態を取り戻すこともできるので、もしもまつげ美容液を使ったことがないなら、この機会にお気に入りのコスメを選んでみてください。

商品がたくさんあるので選ぶのが大変ですが、定番のおすすめを紹介している記事があるのでこちらを参考にしていただけたら嬉しいです。

あなたにおすすめのまつげ美容液は?失敗しない選び方のコツとおすすめ13選

もうこんな失敗したくない・・・というあなたに贈る3つの対策法

上がりすぎの失敗を防ぐために

せっかくまつげパーマをしても仕上がりが気に入らなかったらガッカリですよね。

もうこんな目に遭わないよう、注意するべきポイントをまとめてみました。以下3点です。

サロン選びにこだわってみよう
まずはゆるやかなカールからはじめよう

サロン選びにこだわってみよう

今までどういった基準でまつげサロンを選んでいましたか?
きっと「近くて、値段が安いところ」という方が多いはず。

でも、値段が安いからといって技術が不十分ではそもそも無駄になってしまいますよね。
もちろん良質なサービスを安価で提供しているサロンも多いですが、基本的にはアイリストの技術とお値段は比例している場合が多い、というのが事実です。

ヘアサロンをみても、同じですよね。

なので、施術代金だけではなく「良いサービスをしているか?」という目で見てみてください。なかなかお気に入りのサロンに巡り会えない場合もあるかもしれませんが、一度行きつけを見つけてしまえば常に快適なサロンライフが待っているので、おすすめです!

ちなみに見分けるコツは別の記事でまとめているので、こちら参考にしてくださいね。

マツエク、まつげパーマのサロン選び。相性の良いアイリストの選び方は?

まずはゆるやかなカールからはじめよう

パーマのロッドのサイズアップ

初めてまつげパーマをかける方は緩やかなカールからはじめましょう。

シンプルに、上がりすぎよりも控えめな方がましです。もし仕上がりに満足できずにパーマをかけ直す場合でも、そこまでまつげが傷まないメリットもあります。

ビューラー式から試してみる

まつげパーマにはロッド式とビューラー式の2種類があります。

【口コミあり】まつ毛パーマのロッド式とビューラー式の違いを徹底検証!

ビューラー式はアイリストのテクニックの良い悪いにかかわらず、わりと平均的な仕上がりが期待できます。
簡単に言えば当たり外れが少ないんですね。

ロッド式ほど美しいカールの形にはならないかもしれませんが、ビューラー式はとにかく手軽で時間も短いのがメリット。

「失敗されないか不安だな・・・」
という場合に試してみてもいいでしょう。

まとめ

まとめ

今回はまつ毛パーマで上がりすぎてしまった場合の対処法や今後の失敗を防ぐ方法について書きました。

こちらが参考になれば幸いです。

キレイで長いまつげは女性の目をぱっちり大きく見せてくれる、かけがえのない存在です。
ぜひ大切に扱って、健康に保ってくださいね!

あなたにおすすめの関連記事

まつ毛パーマのメリットデメリット
まつ毛パーマにはメリット・デメリットがある→その前に「まつ育」した方がいい話
まつげパーマやろうかどうか迷う…失敗したくないなぁ。パーマってまつげ傷んだりしないのかな?メリットとデメリットを全部知ってから決めたいな。 こんなふうに思って
2019-02-28 06:17
まつげパーマ後はこのマスカラを使いたい!おすすめアイテムを紹介します
まつげパーマをかけたら何もしなくても自まつ毛がクリンクリンです♪ 薄付きナチュラルメイク派であれば「マスカラなし、アイメイクもしないでOK!」なんていう方もいらっしゃると思います
2018-11-22 06:54
まつげパーマのもちは平均してどのくらい?頻度や長持ちの秘訣は?
まつげパーマのもちはどれくらいの期間?サロンに行く頻度やコスパのこと
「まつげパーマやってみたいけど、どのくらいの期間もつんだろ?」 「あんまりしょっちゅうサロンに行くのめんどくさいし、お金もそこまでかけたくないな」 「長持ちさせるテクニックがあ
2018-11-20 05:38

 

Bassaおすすめのまつげ美容液

まつげ美容液おすすめランキング

コメントは受け付けていません。