まつ毛パーマ×アイシャドウの疑問にお答えします!サロンへはアイメイクして行って平気?

まつ毛パーマとアイシャドウの疑問

魅力的な目元のためには、まつ毛だけでなくアイメイクも重要ですよね。

普段からアイシャドウをよく使っているなら「これからまつ毛パーマをしてみよう」となったときに色々な疑問がわいてくると思います。

・まつ毛パーマの施術日にアイシャドウをしていっても大丈夫?

・施術後にアイメイクはしてもいいの?

・まつげパーマをかけるとアイシャドウとかアイライン塗りにくそう…

・まつ毛パーマとアイシャドウの組み合わせってどんな感じに見えるのかな?

そこで今回は、まつ毛パーマとアイシャドウについてスポットを当ててお伝えします。

色のチョイスや塗り方ひとつで目元の印象が大きく変わるアイシャドウ。

上手に使って、理想的な目元の印象を作っていただく参考になればと思います。

まつ毛パーマの施術にアイシャドウをつけて行っても大丈夫?

施術前にアイシャドウOK?

まつ毛パーマ初心者の方の多くが抱える疑問として”まつ毛パーマの施術当日にアイメイクをしていくのはOKなのか?”というものがあります。

「できることならすっぴんでサロンに出かけたくはないし、マスカラはNGな気がするけど、アイシャドウくらいはどうなのかな…?」

と思う方も多いのではないでしょうか。

まずはこれについてお伝えしていきますね。

目元すっぴんでいくのが最も間違いない

目元すっぴんでパーマしに行く

まつ毛パーマをかけに行くときはアイメイクをしないで行くのが一番間違いないです。

まつ毛パーマ当日のアイメイクについては、サロンによって対応がまちまちで、「メイクしてても大丈夫ですよ」と言われることもあれば「すっぴんで来てください」と言われることもあります。

メイクOKであっても、クレンジング時間のために「ちょっと早めにご来店ください」とお願いされる場合もあるでしょう。

なので予約時に確認した方が良いですが、確認するのが面倒であれば目元すっぴんで行けば何も心配いりません。

まつ毛にアイメイクがついているとパーマのかかりが悪くなる

メイクが残っているとパーマがかかりにくい

まつ毛パーマをするときにすっぴんで行くのが間違いないもう一つの理由は、「まつ毛にメイクが残っているとパーマの仕上がりが悪くなる」からです。

マスカラやアイシャドウの成分がまつ毛に付着したままだと、パーマ液のまつ毛への浸透を妨げ、パ―マのかかりが悪くなってしまうんです。

メイクオフしてくれるお店であっても、担当者が丁寧にメイクを落としてくれるとは限らないですよね。

なのではじめから自分でしっかりメイクを落として来店すれば、失敗することもありません。

マスカラだけ塗らなければ良いというものでもない

メイク道具色々

中には「マスカラだけ使っていなければいいです、アイシャドウやアイラインは大丈夫ですよ~」というサロンもあるかもしれませんが、これはおすすめできない方法です。

まつげだけきれいなら良いんじゃないの?と思うでしょうが、パウダー系のアイシャドウならまつ毛に落ちて付着していることが考えられます。

アイプチをしている方も、当日はしていかない方が無難です。基本的には施術前に落とされると思いますし、ゴシゴシを乱暴に落とされるとまぶたの皮膚を傷めてしまう原因にもなります。

クレンジングが有料の場合もある

クレンジングが有料?

サロンでクレンジングしてもらえると言っても、無料の場合もあれば有料の場合もあります。

確認しないで来店して、思ったよりも少し高くついてしまうのも嫌ですよね。

ここも予約時にしっかり確認するようにしましょう。

アイシャドウをするなら落ちやすい物を

落ちやすいアイシャドウ

お店でクレンジングしてもらえるとしても、普段使っているアイシャドウが落としにくいものは注意が必要です。

ウォータープルーフのものや専用のクレンジング剤が必要なタイプのものだと、サロンではうまく落とせずにパーマの仕上がりに影響してしまうことがあるかもしれません。

できればお湯で落ちるような、クレンジングが簡単なものの方が向いているでしょう。

すっぴんで出歩くのは恥ずかしい…という場合

すっぴんにサングラス

できるだけすっぴんで行くのが望ましいとは言っても、「なかなかすっぴんでは外を出歩けない」という方もいらっしゃると思います。

そういう場合の方法としては駐車場のあるサロンを選んで車で行くのもいいでしょうし、自宅近くのサロンを選ぶのも良いでしょう。

予約を夜の目立たない時間帯に設定するのもありです。

中にはサングラスを使う、という方も。

私はまつパする日はアイメイクはしていきませんでした。
なのでサロンまでサングラスして行って、まつパ終わったらメイクして帰ってました。

まつパサロンによってはメイクも落としてくれると思いますが、
何もしていかないほうがいいと思いますよ。

出典:Yahoo!知恵袋

以上の事を参考に、自分に合った方法を探してみてくださいね!

まつ毛パーマ後はすぐにアイシャドウを塗ってもいいの?

まつ毛パーマの後ですぐに人に会う予定がある、という方はパーマ後にメイクしても良いのかどうか気になるはずです。

マスカラは?アイシャドウは?まつパ直後のアイメイクについて調べました。

まつ毛パーマ後はメイクOK

まつ毛パーマ後はメイクOK

まつ毛パーマの施術後はすぐにアイメイクをしても大丈夫です。

この後で友達と約束がある方は、サロンの洗面台を借りてメイク直しをさせてもらってから退店しましょう。

サロンによっては、用意してある化粧品を使うこともできたりするようです。

いつもと違う化粧品は使いにくいこともあるかもしれませんが、使ってみたかったアイテムがある可能性もありますし、新しい商品を試すチャンスでもあるでしょう。

ビューラーは絶対NG!

ビューラーは使わない方がいい

まつ毛パーマの上がり具合がちょっと微妙で、「思ったより上がってない…」と思う場合もあるでしょう。

まつ毛パーマで上がってない
まつ毛パーマしたのにイマイチ上がってない…上がらない原因と対策
「まつ毛パーマをかけたけれど、イマイチ上がってなくて不満…」 こんな事ってありませんか? お店にクレームを言ってやり直してもらうのがいいのか? 他の店に行
2018-05-20 13:24

しかし、まつ毛パーマの直後にビューラーを使うのは絶対にNGです。

まつ毛パーマはまつ毛の芯の部分を溶かして、形を整えて再結合、定着させる方法です。

なので直後はまつ毛がかなり弱くなっています。このタイミングでビューラーで力をかけてしまうと、最悪の場合まつげがちぎれてしまいますので気をつけてください。

クレンジングは4時間後に

クレンジングは間を開けて

メイクOKといっても、「この後は帰宅してお風呂に入って寝るだけ」という場合には注意が必要です。

というのも、まつげパーマをした後はすぐに目元リムーバーを使うとカールの持ちが悪くなってしまうからです。

平均して4時間は間をあけた方が良いとも言われているので、気をつけてくださいね。

もしメイクするとしても、マスカラは控えてみてはいかがでしょうか。

マツパをした時こそマスカラをしたいものだとは思いますが、どうしてもクレンジングでまつ毛に負担を与えます。

パーマした当日はあまりまつ毛をいじらない方が良いので、アイメイクするとしてもアイシャドウ程度にとどめた方が無難です。

洗顔もしない方がいいの?

洗顔もだめ?

クレンジングが良くないのはお分かりいただけたかと思いますが、「じゃあ洗顔もだめなの?」と思うかもしれません。

洗顔については問題ありません。ただ、目元をゴシゴシ洗うのは避け、良く泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう。

あとは、やはり洗顔もできるだけ4時間程度間をあけましょう。

まつ毛パーマをしている時のアイシャドウって塗りにくい?

まつ毛パーマしてるとアイシャドウ塗りにくい?

まつ毛にパーマがかかっている場合、アイシャドウやアイメイクが塗りにくいのでは?という心配もあると思います。

涙袋へのハイライトカラーや目尻への濃い目のアイシャドウは特に問題ないはずですが、アイホールへシャドウを入れるのは確かに少しやりにくい可能性はあります。

まつ毛があらかじめ上がった状態だといつもとは少し勝手が違うでしょうし、特にアイラインは最初は苦戦するかもしれませんね。

しかし、これはあくまでも慣れだと思います。目をつぶった状態になればそこまでまつげがメイクの邪魔になることはありませんし、気にするほどでもないでしょう。

ただ、まつげパーマによってまつ毛が垂直に上がりすぎてしまうような場合もあり、こんな時はさすがにアイメイクしにくそうな気もします。

まつ毛パーマで上がりすぎ
まつ毛パーマが上がりすぎた!とりたい…かかりすぎたカールを元に戻す方法はない?
たとえばまつ毛が下向きに生えている方や逆さまつげの方なら、毎日のアイメイクに時間がかかって仕方がありませんよね。 ビューラーでグイグイ上げている、ホットビューラーを使わないと
2018-05-20 10:15

逆にインライン(まぶたの内側の粘膜付近にリキッドタイプのアイラインを引く方法)ならやりやすそうですが、インラインは目に良くないのでやめましょう。

アイシャドウが塗りにくい場合は使うアイテムを工夫して

アイシャドウといってもたくさんの種類があります。パーマによって塗りにくくなった場合はアイテムを変えてみて対応しましょう。

塗る道具のタイプは?

メイク道具

たとえばアイシャドウを塗るのに使う最も一般的なのはチップタイプのものだと思います。

チップタイプはピンポイントで塗る場所を狙えるので、パーマをかけてもそこまで塗りにくくはないかと思いますが、大きいブラシタイプのものを使っていると少しやりにくいかもしれないですね。

どうしてもブラシが良ければサイズを小さめのものに変えると良いでしょう。ペンシルタイプのアイシャドウもコントロールがしやすいのでおすすめです。

アイシャドウそのもののタイプは?

アイシャドウには大きく分けてパウダー系、リキッド系、クリーム系があります。

パウダー系のアイシャドウはただでさえ粉がまつげに落ちて付着してしまいやすいのに、パーマをかけたらなおさらだと思います。

ですのでこれを機会にリキッド系やクリーム系を試してみるのはいかがでしょうか。

ハッキリとした色合いが最初は慣れないかもしれませんが、目元が粉っぽくならないのはメリットが大きいです。

お試ししたい場合はパウダータイプのアイシャドウに水を一滴たらして使ってみてください。リキッドタイプに近い感触になるので、購入する前にイメージをつかめると思います。

ただ、マツエクを併用している方はクリームタイプのアイシャドウには注意が必要です。

クリームタイプには油分が含まれているので、マツエクのグルーの持ちを悪くしてしまう可能性があります。

まつ毛パーマに合うおすすめの色

 

アイシャドウの色

ここはあくまで好みの話になるのですが、せっかくまつ毛パーマをかけたのであればナチュラルにまつ毛を強調するのもおすすめです。

となると、使うアイシャドウの色を工夫した方がよさそうです。

あまり濃い目の色はまつ毛の印象をぼかしてしまうので、淡いタイプがおすすめです。

色は肌に馴染みやすい、ピンク系やベージュ系、ブラウン系がおすすめです。オレンジも控えめに使うなら柔らかさが出て上品な印象を作ることができます。

まつ毛パーマを長持ちさせるために

まつげ美容液がおすすめ

せっかくかけたまつ毛パーマ、ぜひ長持ちさせたいですよね。

アイシャドウを塗るのが好きで良く使うようでも、パーマを長持ちさせる観点から言えばアイメイクは控えめにした方が良いでしょう。

理由はやはり、濃い目のメイクであればあるほどクレンジングも入念に行う必要があるからです。

クレンジングはまつ毛に負担をかけ、パーマも取れやすくなってしまうので注意しましょう。

メイクを控えめにするだけでなく、落ちやすいものを使うことも重要です。

そしてまつげ美容液を使うとパーマの持ちは格段に良くなります。

パーマによって傷んだまつ毛を優しくケアする目的もありますが、まつ毛をトリートメントしハリとコシを持たせることによってきれいなカールが保たれ、パーマを長く楽しむことができます。

まつげパーマのもちは平均してどのくらい?頻度や長持ちの秘訣は?
まつげパーマのもちはどれくらいの期間?サロンに行く頻度やコスパのこと
「まつげパーマやってみたいけど、どのくらいの期間もつんだろ?」 「あんまりしょっちゅうサロンに行くのめんどくさいし、お金もそこまでかけたくないな」 「長持ちさせるテクニックがあ
2018-11-20 05:38

まとめ

・まつ毛パーマをかける時はできるだけすっぴんで行くのが間違いない

・パーマ後はアイメイクOK、しかしクレンジングは4時間後から

・まつ毛パーマをしていてもアイシャドウはそこまで塗りにくくない

・まつげ美容液を使うとパーマが長持ちしておすすめ

コメントは受け付けていません。