まつげ美容液の使用期限や寿命はどのくらい?まつ育にも鮮度が大事

まつげ美容液の寿命

お手持ちのまつげ美容液、購入してからけっこう時間が経っていたりしませんか?

「だいぶ前に買ったんだけど、これ使って大丈夫かな?」

と迷っている方も多いはず。

まつげ美容液は特に目の周りに使うものなので、あまり古いものを使ってしまうのはなんとなく不安がありますよね 。

そこで今回は、まつげ美容液の使用期限、寿命はどのくらいなのか?ということについてお伝えしていきます。

未開封の状態と使いかけの状態では大分条件が変わってくるので、その辺もしっかりとチェックして安全なまつ毛ケアをしていきましょう。

まつげ美容液にも使用期限があります

使用期限

 

この記事をご覧になっている方の中には

「まつげ美容液に使用期間とかあるの?今まで考えたことなかった!」

という方もいらっしゃるかもしれません。

そうです、期限はあります。化粧品だってあまり長期間置いていると腐ってしまうものなんですね。

なので、使ったり使わなかったりしてなかなか減らず、かれこれ何年も前に購入したものを現在もちょいちょい使っている…という方は注意が必要です。

あなたが使っているまつげ美容液は大丈夫ですか?

どのぐらい前に購入した商品なのかを思い出して、捨て時を見極めてくださいね。

まつげ美容液の寿命について

では、まつげ美容液の使用期限や寿命はどのくらいなのでしょうか?

答えは、未開封で3年です。

3年以上もつ商品は使用期限の記載義務がない

記載義務なし

お手持ちのまつげ美容液を見てみてください。消費期限はどこにも書いてないですよね。

これは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」いわゆる薬機法で定められていることなのですが、”未開封の状態で3年以上もつ商品は使用期限の記載義務がない”ということになっています。

ですので、化粧品メーカーとしては少なくとも3年以上はもつように作っているんですね。

無添加、オーガニック系の化粧品には例外もある

無添加

これにはもちろん例外もあります。

例えば防腐剤無添加で、天然成分をふんだんに使ってオーガニック系であることを売りにした商品であれば、寿命が未開封で1年程度のものもあります。

その場合は取扱説明書にきちんとその旨が記載されているはずです。

ですので、現在使っているアイテムの寿命が気になるようであればチェックしてみましょう 。

開封した後はどのくらいもつ?

開封後

はじめに「未開封の状態と使いかけの状態では大分条件が変わってくる」とお伝えしました。

未使用の状態だと3年というお話でしたが、一度でも使ったまつげ美容液は3ヶ月を目安に使い切った方が良いとされています。

実は一般的な化粧品では開封後半年と言われています。しかしまつげ美容液やマスカラなど目元に使うものに関しては、リスクを避ける意味でより短い期間が設定されているんですね。

腐ったまつげ美容液を使うと目の疾患の危険も

目の疾患

もしも腐っている、または雑菌が繁殖しているまつげ美容液を使ってしまうと、結膜炎など目の疾患を招く危険性もあります。

もしもここまで読んでみて「まずいな…」と思うようであれば、思い切ってそのまつげ美容液は捨てましょう。

アイライナーやアイシャドウはタイプによって寿命が違う

アイライナー

リキッド型のアイライナー、リキッド型のアイシャドウなど液状のものは使用期限が短く、やはり開封後は3ヶ月を目安に使い切りたいところ。

しかし、ペンシル型のアイライナーであったりパウダー型のアイシャドウであれば寿命は長くなります。

ペンシル型は削れば新しい部分が出てきますし、パウダー型の化粧品にはそもそも雑菌が繁殖しにくいという特性があるからです。

なので「目元に使う化粧品はどれも3ヶ月で捨てないとダメ!」というわけではありません。

アイテムによって違う、ということを覚えておいてくださいね。

まつげ美容液の寿命を縮める間違った保管方法

未開封3年、開封後は3ヶ月という具体的な期間がわかったところで、次はまつげ美容液の寿命を短くしてしまう間違った保管方法についてお伝えします。

「こんな保存のやり方だと早くダメになってしまうよ」というものなので、心当たりがあるようならご注意ください。

高温多湿の環境に置いてしまう

高温多湿

雑菌は高温多湿の環境でよりたくさん繁殖してしまいます。

夏場の車の中に放置する、日光が当たる場所に置いておく、お風呂の脱衣場に保管するといった方法はどれもまつげ美容液の寿命を縮めてしまう可能性があります。

不衛生な使い方をする

不衛生

まつげ美容液を使ってチップやブラシをテーブルなどに放置するのは不衛生ですよね。

うっかり床に落としてしまったりしたら、容器に戻す前に軽く洗いましょう。

また、美容液を使う前に洗顔することも重要です。

まつげや目元には皮脂汚れがついているもの。洗顔で目元を清潔にし、チップやブラシに汚れが付着しないよう気をつけましょう。

蓋の閉め方が甘い

蓋は閉めよう

蓋がちゃんと閉まっていないと、そこから雑菌が侵入して品質を劣化させてしまいます。

まつげ美容液も使い終わったらしっかり閉めて保管しましょう。

まつげ美容液の寿命を伸ばす方法

冷蔵庫に保存

上記でお伝えした間違った保管方法に気をつけていれば、まつげ美容液の適正な使用期限は保たれます。

しかし、「もっと新鮮な状態で保ちたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のためのアドバンスな方法としては、”冷蔵庫に保管しておく”ことをおすすめします。

化粧品も腐るものなのであれば、考え方は食品と一緒ですよね。

スピードが重要

スピードが大事

ただ、注意点もあります。それは「冷蔵庫から出したら速やかに使ってまた戻すこと」です。

急激な温度変化も美容液の成分を劣化させてしまう原因になるんですね。

冷蔵庫から出して使った後しばらく放置して、また冷やして…となると逆効果になるので気をつけてください。

まつげ美容液が腐っているかどうか見極めるポイント

見極めポイント

期間から考えると完全にデッドラインを越えていても、どうしてももったいないという理由で捨てられないこともあるでしょう。

その場合は最低限、次のことをチェックしてみてください。

変な臭いがしないか

化粧品も腐っていたら刺激臭やツンとくる臭いを発します。

ちょっと怪しいな、と思ったら使わないようにしてください。

中身が分離していないか

長期間経過した化粧品は水分と油分が分離し、変に水っぽいか半固形の状態になります。

まつげ美容液の場合は中身が見えないと思うので、チップの先についたものがドロっとしていたりしないか要チェックです。

変色していないか

「前は透明だったのに、なんだか黄色っぽくなってきた気がする…」

こんな時は使うのをやめ、諦めて捨てましょう。

購入した年月日を書いておくと便利

購入メモ

古い商品を使わないためにも、まつげ美容液本体に油性ペンで購入年月日を書いておくと便利です。

買ってすぐ開けて使うのであれば3ヶ月が期限なのであまり必要ありませんが、 たとえば定期購入だと使い切れないまま送られてきて余ってしまうこともあります。

こんな場合は自宅に届いた段階で日付を書いておけばわかりやすく管理もしやすいですし、数本あるなら古いものから先に使うことも可能です。

まとめ

まとめ

まつげ美容液の使用期限家寿命についてお伝えしてきました。

”一度開けてしまうと3ヶ月以内”と思うとなんだか短いように感じるかもしれませんが、目の近くに使うものなので鮮度も気にして早めに使い切りましょう。

そういった意味でも、まつげ美容液は週末の特別なケアではなく、毎日継続して行うケアです。

新鮮な状態でどんどん使って、ゴージャスで魅力的な目元を手に入れましょう!

コメントは受け付けていません。