アイクリームってハンドクリームで代用できる?→結果が良ければOKです

ハンドクリームはアイクリームの代わりになる?
アイクリームってハンドクリームで代用できないのかな?アイクリームも目元用美容液も値段が高くて…手持ちのハンドクリームでOKなら嬉しいです。なにかデメリットがあるなら教えてください。
ハンドクリームを使う女性

こんな疑問に答えます。

アイクリームってハンドクリームで代用できる?

アイクリームの代わりにハンドクリーム

「クリーム」って名前が付いていればそこそこ同じ成分でしょ!

このように考えている方も多いと思います。
たしかにクリーム=油分多めのスキンケアアイテムということで似ているといえば似ています。

その中でもアイクリームはどうしてああも高級なのか…なかなか手が出ないので、「他のもので代用できないのかな?」と考えてしまいますよね。

ハンドクリームなら高いものでもだいたい2〜3千円だから、だいぶお安いわよね。
ウインク2

結論から言えば、

「結果さえ良ければハンドクリームをアイクリームとして使ってもOK!」

ということになりますが、やっぱりいくつものデメリットはあります。

ハンドクリームで目元ケアをすることのデメリットについて今回はまとめてみたので、参考にしてくださいね。

ハンドクリームをアイクリーム代わりにするデメリット

ハンドクリームをアイクリームで使うことのデメリット

ハンドクリームをアイクリーム代わりに使うデメリットは以下のとおりです。

  • 目元には刺激が強い可能性がある
  • テクスチャーが硬いかも(商品によります)
  • 肌トラブルが起こった時に自己責任

それぞれ詳しく解説します。

目元には刺激が強い可能性がある

目が痛い女性

まず、手の皮膚の厚さと目元の皮膚の厚さはかなり違います。当然のことながら目元の方が薄くてデリケートなので、それだけお肌は敏感ということになりますね。

そんな目元に対して、ハンドクリームでは刺激が強すぎる場合があります。

ハンドクリームといっても商品がたくさんあるので一概には言えませんが、たとえば「尿素入り」の商品はよく見かけます。尿素入りのハンドクリームを使うと手がしっとり柔らかくなったように感じますが、簡単な言い方をすると硬い角質を外側から溶かしているんです。なので水仕事で荒れたガサガサの手をケアしたり、乾燥で分厚くなってしまったかかとをケアするには適しているかもしれません。

でも、皮膚の薄い目元に使ってしまうと刺激になってしまう可能性が高いですよね。

このように、手に使うスキンケア商品をアイクリームとして使えるかというと少々難しい気がします。もしアイテムを一つにまとめたいなら、配合されている成分をよく確認して低刺激のハンドクリームを選ぶ必要がありそうですね。

ハンドクリームだけじゃなく、ボディケア商品でも一緒。香料たっぷりで香りがきついものもあるし、成分には注意が必要ね。
ウインク3

テクスチャーが硬いかも

クリームが硬い

これも商品によりますが、ハンドクリームはテクスチャーが硬いものも多いです。アイクリームでは濃いめのものを「こっくりとしたテクスチャー」なんて表現しますが、あの域を軽く超えて硬いものもあります。

硬い=しっかり皮膚をカバーして保護してくれそうなイメージもありますが、目元に塗る時に摩擦が強くなってしまいます

せっかくのスキンケアそのものがお肌への刺激になってしまっては困りますよね。目元に塗るものはあくまでさらっとして素早くなじむものを選ぶように気をつけたいところです。

肌トラブルが起こった時に自己責任

トラブル時は自己責任

これが最大のデメリット。

本来とは別の使い方をしている時点で「何が起こっても自己責任」になってしまいます。たとえばアイクリームとして販売されているものを使い方どおりに目元に使っていれば、化粧品と肌荒れとの因果関係が認められてクレームも言いやすいです。

でもハンドクリームを目元に塗っていたら…肌荒れしてメーカーに文句を言ったところで門前払いですよね。

もちろんクレームが言えたからといって必ずお金が戻ってきたり治療費を出してもらえるわけではありませんが、本来とは違う使い方をしていては話し合いにもならないということです。

目元には目元専用のコスメを使った方がいい!

目元にはアイクリーム!

こう考えると、目元には目元のスキンケアコスメを使った方が良いでしょう

繰り返しになりますが、目の周りは皮膚が薄くてデリケートなつくりをしています。

アイクリームは成分的にもペプチドやセラミドといった保湿力の高いものを使っていたり、肌に優しい配合であることがほとんどです。すべりもなめらかで、マッサージしながら使える美容液タイプのものもあるので、やはり専用のものがおすすめ

目元は人の印象を決める大事なパーツです。エイジングが気になる女性にとっては、老け見えしないためにも目元にはちょっとお金を使っていいのではないでしょうか

アイクリームは高級?→プチプラもありますよ

安いアイクリームもある

そもそも「アイクリームは高級品」というイメージにも誤解があるかもしれません。ですが、薬局やドラッグストアには「プチプラコスメ」と呼ばれるお安くて優秀なアイクリームもあります

たとえばなめらか本舗の目元ふっくらクリーム(豆乳イソフラボンでおなじみ)は1,000円以内でおさまる価格ながら目の下のクマをケアできるアイクリーム。光を反射するパール(メイク)効果により、黒クマも目立たなくすることができます

シミが気になる方には明色化粧品の「プラセホワイター」薬用アイクリームもかなりの人気です。こちらも手頃な値段で手に入れられますし、医薬部外品なのでより高いスキンケア効果も期待できますよ。

まずはこの辺からお試ししてみてはいかがでしょうか?

詳しくはアイクリームおすすめランキングの記事で紹介しているので、気になるものを選んでみてくださいね!
ウインク1

逆に、アイクリームをハンドクリームとして使っている方は沢山います

ハンドクリームをアイクリームとして使う

せっかく買ったアイクリームがちょっとイマイチだった…

そんな時、使わずに捨ててしまうのはもったいないですよね。

こういう時、逆にアイクリームをハンドクリームとして贅沢に使うのはありだと思います。アイクリームを使って手が肌荒れするケースはあまり考えにくいですからね。

手以外にも、ほうれい線のケアに使ったり額のシワに塗ったりと、なにかと使いやすいのがアイクリーム。アイテムを1本にまとめたいのであれば、気に入ったプチプラのアイクリームを買うのも一つの方法かもしれません。

まとめ

アイクリーム

今回はアイクリームとハンドクリームの違いについてざっくりと書いてきました。

ハンドクリームで目尻のシワが少なくなる可能性もありますが、もし試すなら少量だけ使ったパッチテストをお忘れなく。基本的には化粧品の使い道に沿った方法でケアすることをおすすめします。

正しいエイジングケアで、キレイな大人をめざしましょう!
ウインク1

コメントは受け付けていません。