【コンシーラー 】シミを上手に隠したい!40代からは美容液入りがおすすめ

40代の隠したいシミにおすすめのコンシーラー

40代といえば、シミが気になってくる年代ですよね。

女性としてはシミは大敵。かといってシミを消そうとしても、美容液や美白クリームなどのコスメではなかなかすぐには効果が見えないもの。

「ターンオーバー(お肌の新陳代謝)のサイクルを整えたら少しずつ美白に近づいていきますよ」

と言われても、

私は今すぐに隠したいのよ!
シミが目立っちゃうとファッション的にもマイナスだわ。
ウインク2

となってしまう方も多いはず。

そんな時に使いたいのがコンシーラーです。ファンデーションだけではカバーしきれない目の下のクマやシミをメイクによって「なかったことに」してくれるんですよね。

でも、コンシーラーっていっぱいあって、なかなか選べないわ。
おすすめを教えていただける?
ウインク3

このように思っている方へ、今回は口コミでも人気のシミに向いているおすすめのコンシーラーをたくさんご紹介しちゃいます。

商品紹介だけでなく、選び方のポイントや使い方のコツまで紹介しているので、あなたの目的に合わせて参考にしていただけたらと思います。

先におすすめ商品をチェック!

先におすすめ商品をチェックしたい方はこちらのリンクからジャンプして下さい

コンシーラーとは?

コンシーラーとは?

シミや目の下のクマ、ニキビ跡、ほうれい線など、年齢を重ねてくると何気なく隠したいところが増えてきますよね。

コンシーラーはそんな気になる部分を目立たないようカバーしてくれる「部分用ファンデーション」です。

特に気になる狭い範囲をスポット的に隠してくれるものから、顔全体の色ムラを均一に見せてくれる嬉しい効果も

なかなか普通のファンデーションじゃ隠せなくなってきたから、私にもそろそろ必要なのよね。
ウインク3

コンシーラーの種類

コンシーラー の種類

コンシーラーにはいくつかのタイプがあってそれぞれに特徴があります。

まずはここをおさらいしていきましょう。

スティックタイプ

スティックタイプはリップクリームのような形状で硬めのテクスチャー。広い範囲を隠したい場合には向いていませんが、その分カバー力が高いので、ちょっとしたシミならほとんど分からないようにしてくれるのがメリットです。

ただ、目尻や口元など皮膚が良く動く部分に使うと浮いてきてしまう可能性もあるので使い方には注意が必要です。

ペンシルタイプ

sakuraさん(@sakura_cosume)がシェアした投稿

ペンシルタイプは名前の通り、鉛筆のような形をしています。スティックタイプよりもさらに硬く、濃いシミや傷跡などスポット的に気になる部分に使えます。

伸びにくいので塗る範囲はかなり狭く、ほぼピンポイントで使う感じになりますが、その分落ちにくく長持ちしやすいのも特徴。

広範囲に使えるリキッドタイプやクリームタイプと併用している方も多いです。

リキッドタイプ

まりおさん(@mi_moni_09)がシェアした投稿

液状で伸びが良く、広い範囲を一気にカバーできるリキッドタイプ。使い方としては気になる部分に数か所乗せて指やブラシでまんべんなく伸ばしていきます。

しっとりした仕上がりでファンデーションとも密着して崩れにくく、美容成分入りのものが多いので乾燥肌の方にはおすすめです。

さらに細かく筆タイプやチップタイプといった形状の違いがあり、好みや使用感を選べるのが特徴です。

パレットタイプ

ioriさん(@iori.178)がシェアした投稿

数種類の色を使い分けて自分の好みの色合いでカバーできるのがパレットタイプのコンシーラーです。

部分用と広範囲とをいいとこどりできる面もあり使い勝手が良いですが、メイクそのものになれていないと使いこなしが難しいことも。

チューブタイプ

MAIさん(@chisa_mai)がシェアした投稿

クリーム状になっていて伸ばしやすく、テクスチャーも濃い目なのでカバー力にも優れています。

ただ、濃い目なのにもかかわらず広範囲に塗れてしまうため、うっかり厚塗りになってしまうデメリットも。適度な使い加減が大事になってきます。

コンシーラーの選び方は?

コンシーラーの選びかた

コンシーラーってどうやって選べばいいの?という方は多いと思います。

シミに効果的なものや、目の下のくまに効果的なものと、タイプによって向き不向きがあるので、こちらを確認しておきましょう。

コンシーラーの色の違いと選び方

コンシーラーの色の選び方

コンシーラーの色の違いと選び方
  • 地肌に近い肌色…薄いシミやそばかすを隠すのに適している
  • 地肌より少し暗め…濃いシミや古いニキビ跡に適している
  • オレンジ・ピンク系…補色(反対色)として、青クマに効果的
  • イエロー系…茶クマを上手に隠せる
  • 明るめのベージュ・パール系…黒クマに効果的
  • グリーン・イエロー系…補色(反対色)として、ニキビの赤みに効果的

※メーカーによっては「コントロールカラー」としているものも、ここではコンシーラーとして統一しています。

結局は使ってみて自分の肌や好みに合っているかどうか確かめて、お気に入りを見つけていくしかないわね。
ウインク2

40代が使うべき「美容成分入り」コンシーラー2選

40代におすすめのコンシーラー

40代のあなたにおすすめしたいのは美容成分・保湿成分入りのものです。

どうしてもコンシーラーやファンデーションは肌の乾燥を招いてしまうことが多いので、美容液としての役割を兼ねているようなハイブリッドタイプを選ぶと一石二鳥。

そういうの欲しかったのよ!
ウインク1

 

ここでは40代に特におすすめしたい「お肌のケア×シミ隠し」が同時にできてしまう便利なアイテムを紹介します。

アイプリン

アイプリン

こちらは筆タイプの美容液コンシーラー。

モニター満足度94.6%という高い満足度を誇る信頼性があります。

リキッド筆タイプでさらっとした使用感ながらも、目の下のクマまで効果的に隠すことができ、薄いシミであれば問題なくおすすめできます。

美容成分だけでなく、12種類の無添加処方もポイント。肌への刺激が少ないので敏感肌の方にはぴったりです。

お肌が乾燥すると敏感肌になることってありますよね。アイプリンなら安心して使えそう!
ウインク1

アイプリンキャンペーン

アイプリンは現在、初回限定のキャンペーン中なのでお安く手に入れることができます。毎月300名限定なので気になる方は早めにチェックしておいてください

アイプリンの効果口コミ
アイプリンの効果は?コンシーラーなのに美容液?口コミを調べて徹底解明!
目の下のクマや、顔のシミが気になってませんか? 気になってます (*´ω`)ノ  ハィ 美容液やクリームを使っていても、なかなかシミやクマは消えてく
2018-08-13 21:36

マナラBBリキッドバー

伸びがよく、軽いつけ心地でナチュラルな仕上がりを作れる美容液コンシーラー。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった高機能な保湿成分が入っていて、乾燥しがちな肌に潤いを与えてくれます。

2色展開で、色が気に食わなかったら8日以内の無料交換も可能。(使用後OK)

45日間の返金保証もついて、アフター万全の安心感も大きな魅力です。

コンシーラー選びってお気に入りが見つかるまで失敗を繰り返すものだから、これは嬉しいかも!
ウインク1

40代におすすめな市販のコンシーラー5選

資生堂スポッツカバーファウンデイション

カバー力に優れ、火傷のあとや傷跡まできれいに目立たなくしてくれるベースカラー。

ファンデーション型なのでコンシーラー初心者にも使いやすく、毛穴の目立ちや目の下のクマ、肝斑まで使えます。

値段がプチプラでリーズナブルな上に、大容量で持ちがよくコスパが高いのもうれしいところ。

マキアージュ コンシーラースティックEX

3色展開でその人の肌に合わせて選べるのがメリット。

厚塗りに見えにくく、ヨレずに乾燥せず、ひび割れの心配もありません。

ドラッグストアコスメの中では比較的値段が高めですが、「やはり高いものは違う」との評判も。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

濃いしみは隠しきれないこともありますが、美容成分が入って落とした後も肌がしっとりするのがポイント。

薄づきでナチュラルなのにツヤ感のある仕上がりが魅力です。

チタンや酸化鉄の微粒子パウダーが光を乱反射してワントーンお肌を明るく見せてくれます。

ラウディ BB&CCクリーム

薄いシミを隠すには十分で、紫外線対策が同時にできる機能的なクリーム。

油分が多いため塗りすぎると化粧よれする恐れもありますが、薄めでもしっかり毛穴をカバーしれくれます。

テカリが気になる場合はティッシュオフして使うとなおgood。

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

カバー力が抜群で、シミや目の下のクマだけでなくちょっとしたホクロまで目立ちにくくしてくれます。

チップタイプなのでポイントで使いやすく、肌と馴染みやすい特徴も。

リキッドファンデの上から塗って化粧直しできる使い勝手のよさも人気の秘密です。

40代のための上手にシミを隠すコンシーラーの使い方

コンシーラー使い方

シミを効果的に目立たなくするコンシーラーを紹介しましたが、40代を迎えてもしあなたがお肌の乾燥を感じているなら、ちょっとした使い方の工夫も必要かもしれません。

ここではコンシーラーによるシミ隠しのコツについて解説していきます。

ファンデはクリーム・リキッド・エマルジョンを

お肌が乾燥しやすくなってきたと感じるなら、ファンデーションはとにかくうるおい重視で。クリーム系・リキッド系・エマルジョンタイプを使いましょう。

保湿成分も入ってお肌をしっとりと見せてくれるだけでなく、ファンデーションそのもののカバー力も高いため厚塗りしなくてもOK。

「エマルジョンファンデーション」とは?…リキッドタイプのファンデーションをコンパクトケースに押し固めたもので、スポンジにとって塗ります。リキッドとパウダーのいいとこ取りをしたもので、持ち運びしやすくサッと使え、手も汚さないのがメリット。

基本的なシミの隠し方

コンシーラー の使い方は

シミを上手に隠すためにはメイクの順番が大事。「コンシーラーってファンデーションの前に塗るの?それとも後なの?」という疑問は最初は誰でも思うものですが、おすすめはサンドイッチ方式。

下地 → ファンデーション → コンシーラー → ファンデーション → 仕上げにフェイスパウダー

といった順番で使うと肌に馴染みやすく、浮きが少ないのでおすすめです。

コンシーラーはカバー力が高いので、使うのは少量でも十分。厚塗りメイクは逆に年齢を感じさせてしまうので避けましょう。

大きいシミ(肝斑)に使いたいなら

肝斑

出典:第一三共ヘルスケア

肝斑(かんぱん)のような大きいシミを隠したい場合は、スティック型などピンポイント系のコンシーラーは使わないほうがいいでしょう。

おすすめは伸びの良いリキッドタイプかBBクリーム。深追いすると厚塗りメイクに見えてしまうため、完全に隠れていなくても「目立たなくする」ことを意識して使えば良いと思います。

もしも塗り具合が足りないと感じて重ね塗りする場合は、コンシーラーではなくファンデーションを重ねるようにしましょう。

根本的にシミを消すためのケアを忘れずに!

シミ・そばかすを綺麗に隠してくれるコンシーラーはとっても便利。
とはいえ、根本的にシミがなくなってくれるのが一番ですよね

なので、家に帰ってメイクを落としたらしっかりとお肌の保湿ケアをしましょう。

大丈夫!すでにシミになっているお肌でも、ちゃんとスキンケアすれば挽回できます

ここでお肌に取り入れたいのは美肌成分として定番のビタミンCです。
ビタミンCにはくすみを白く戻す力がありますし、コラーゲンを作り出してハリ・ツヤを取り戻すためには絶対に必要な成分。

ビタリッドC

あのモンドセレクションで最高金賞を受賞している「ビダブリッドC」は、12時間もの長い間ビタミンCをお肌に浸透させられるコスメです。

「美容パウダー」ということでちょっと珍しいのですが、手持ちの化粧水や乳液にパウダーを混ぜることで、純粋なビタミンCをお肌に取り入れる意味でとても効果的だ思います。

定価6,200円のものが、今だけ1,500円でお試しするチャンス。1,000名限定のキャンペーンになるので、気になるなら今すぐにチェックしておいてください。

ビダブリッドCはこちら
※リンクが開かない場合、キャンペーンが終了しています。

まとめ

シミ隠しのコンシーラー まとめ

今回は「40代の隠したいシミ」におすすめなコンシーラーの紹介と、選び方や使い方について解説してきました。

繰り返しになりますが、通常のコンシーラーは肌の乾燥が心配なので、できれば美容液の成分を配合したものがおすすめです。

これでシミ対策だけでなく、乾燥ケアもバッチリね!
ウインク1

自分に合ったコンシーラーを見つけることができれば、嫌いなシミに悩まされることもなくなりますし、上手に付き合っていくことができるようになると思います。

満足メイクでアクティブにお出かけするきっかけにもなりますので、ぜひお気に入りのアイテム探しを始めてみてくださいね。

あなたにおすすめの記事

アイプリンの効果口コミ
アイプリンの効果は?コンシーラーなのに美容液?口コミを調べて徹底解明!
目の下のクマや、顔のシミが気になってませんか? 気になってます (*´ω`)ノ  ハィ 美容液やクリームを使っていても、なかなかシミやクマは消えてく
2018-08-13 21:36
メモリッチ使って見た効果口コミ
メモリッチの効果ってどう?話題のアイクリームを使ってみた!口コミも調査
目の下のクマや目尻のシワ、まぶたのたるみ…これをなんとか撃退する方法ってないんでしょうか? お金をかけて美容整形する手もありますが、顔、ましてや目元となると絶対に失敗できない
2018-08-15 09:52

コメントは受け付けていません。