目の下の青クマ・茶クマを判断する方法。違いや見分け方は?両方混合する場合あり

目の下のクマが気になってるんだけど、これって青クマ・茶クマどっちなのかな?
なんか両方が混合してる気もする…クマを見分ける方法とか、改善ケアのやり方を知りたいな。
疑問の女性

こんな疑問に答えます。

目の下のクマ…青クマ、茶クマどっちかわからない!

青クマ、茶クマ、どっち?

老け顔や疲れ顔に見えてしまう目の下のクマ、とっても悩ましいですよね。

改善するためのケアやお手入れに取り組みたいけれど、クマの種類によって効果的な方法が違うのかな…?そんなことが気になっているのではないでしょうか。

そうです。目の下のクマにはいくつか種類があり、その原因やケアの方法も様々。

最短最速で改善するためには、まずあなたの目の下にあるクマが青クマ・茶クマのどっちなのか判断する必要があります。

もしも「まだどっちかわからないよ」という状態であればこの記事を最後まで読んで、自分にとって一番合っているケア方法を見つけてくださいね。

青熊茶クマを見分ける方法

青クマと茶クマを見分けるのはとても簡単です。方法は以下の通り。

目尻の皮膚を横にやさしく引っ張る

目尻を横にひっぱる

クマの位置が動かなかったら青クマ、皮膚と一緒に動いたら茶クマです。

見分けることができたでしょうか?もしよくわからない場合は、それ以外のクマ(黒クマ・赤クマ)である可能性があります。これについては記事の後半でお伝えしているので参考にしてくださいね。

続いては青クマと茶クマの原因と改善法について見ていきましょう!
ウインク1

青クマの原因は?

青クマの原因は皮膚の下にあります。毛細血管の血流が滞り、または老廃物が溜まったことによって色が濃く見えることが原因です。

睡眠不足や目の疲れ(眼精疲労)、血液がドロドロになることによって引き起こされることが多いので、生活習慣の乱れや食事の習慣を整えることによって改善効果が期待できます

動悸や息切れ、めまいを起こしている場合は貧血の可能性があります。心当たりがあるなら病院を受診しましょう。

具体的な対処法

1.疲れをためない

まずは睡眠をよく取りましょう。目の周りの疲れやコリを取り除くには体を休めることが1番です。
そして目を使いすぎないことも大切。仕事上パソコンを使うのは仕方ないとしても、スマートフォンやテレビの見すぎ、暗い中での読書など目に負担を与える行動には気をつけましょう。

2.血行促進

全身の血行不良を解消することも1つの方法です。適度に運動する、ゆっくりとお風呂(湯船)につかるなどが定番。さらに目元のマッサージや蒸しタオルを使ったホットアイなど、ピンポイント的なアプローチも効果的と言えるでしょう。

3.スキンケア

生まれつき皮膚が薄いや肌が色白の方は、皮膚下の血管の色が透けて見えやすく、どうしても青クマが目立ってしまいます。この場合はアイクリームによるスキンケアで目元にハリを持たせるとクマが気にならなくなることも。最終的にはコンシーラーやファンデーションで目立たないように隠してしまう方法もあります。

最後に、ストレスをためないことも大事ね。気分は顔色に現れるもの。人によってはメンタルから整えていくことも大事だと思います!
ウインク2

茶クマの原因は?

茶色の原因はお肌の色素沈着によるものです。紫外線のダメージや目を擦ったときの摩擦、皮膚炎や化粧品かぶれ等の刺激によってメラニン色素ができ、日焼けのような感じでお肌が茶色く染まってしまいます。

お肌の乾燥も原因の一つです。乾燥して角質層が弱くなるとバリア機能を保つために皮膚が分厚くなり(角質肥厚)、これが肌の色を濃く見せてしまいます。

具体的な対処法

茶クマは日々の地道な保湿ケアやスキンケアが必要。ターンオーバーを整えることによって少しずつ古い角質を排出して、みずみずしく白い肌を取り戻しましょう

メラニン排出

また、アイメイクの色が沈着してしまうこともあるのでクレンジングは丁寧に。メイクはその日のうちにしっかりと落としきることが大切です。もちろんゴシゴシとこすって落とすのはNGなので、できれば目元に使うコスメはウォータープルーフ等の落としにくいものは避け、お湯落ちするタイプのものを選ぶようにしましょう。

目がかゆくてもこすらないように我慢!花粉症対策は早めに始めることをおすすめします。
ウインク3

青くまと茶くま、両方が混合していることも…

同時に2つのクマが混合していることもあります。それだけケアするのは大変になりますが、アイクリームには青クマ・茶クマどちらにも使えるタイプがありますし、コンシーラーも両方のタイプをカバーできるものがあります。

次はスキンケアで目の下のクマを改善したい方に向けて、おすすめの商品を紹介していきましょう。

青クマも茶クマもスキンケアで改善を目指せる!おすすめアイクリームとコンシーラー

おすすめアイクリーム

目元の皮膚を保湿して潤いを保ってくれるアイクリームですが、ドラッグストアに売られているプチプラコスメから高級なデパコスまで様々あります。そんな中には「クマ対策ができるアイクリーム」というのもあるんですよ。その多くは青クマ・茶クマどちらも対応していることが多いです。特に有名で間違いなしのコスメをここでは紹介します。

アイキララ

アイキララ

目の下のクマの悩みにフォーカスしたアイクリームと言えば最も有名なのがアイキララです。

高濃度のビタミンC誘導体によって皮膚下のコラーゲンにアプローチし、目元の皮膚にふっくらとしたハリを取り戻します。角質への浸透力が高いペプチド成分や、天然の植物エキスをふんだんに配合していて敏感な目元の皮膚を優しくカバーすることができます。

即効性はないものの、このアイクリームによる効果は第三者機関の検査済みです。(※その結果は研究誌にも掲載されているとのこと。)

ワンプッシュで決まった量が出てくるため、使い方による個人差があまり出ないのもポイントです。使い続けてみて損はないなので、長く地道にケアに取り組んでみてください。

\レビュー記事はこちら/

アイキララの口コミと効果は?
効果なし!?アイキララを実際に使ってみた編集部の口コミはこちら
アイクリームの人気ランキングでは数々の部門で第1位を獲得しているアイキララ。 なんでも5冠を達成したとのことで、その人気の高さがうかがえますね。 実際にこの商品
2019-01-29 23:59

メモリッチ

メモリッチ

アイキララと同じく、浸透型ビタミンC誘導体の作用で目元のコラーゲンにアプローチ。独自成分のアイキシルは目元の皮膚専用に作られた調合成分で、高い保湿力によって正常なターンオーバーを目指すことが可能です。

また、この商品は目の下のクマだけではありません。年齢とともに気になるたるみやくすみ、目尻の小ジワなど、総合的な目元の悩みに応えてくれる使い勝手の良いアイクリームです。

根本からエイジングケアに取り組みたい方にオススメで、通販限定の商品にしては比較的安価でコスパが良いのも魅力的です。

目元ふっくらクリーム

目元ふっくらクリーム

薬局やバラエティショップで気軽に購入できるものを探しているなら目元ふっくらクリームがおすすめ。「豆乳イソフラボン」のキャッチコピーでお馴染みのなめらか本舗が販売している商品で、若い女性から年配の方まで幅広い層に愛用されている市販コスメです。

基本的な効果としては保湿のみという感じですが、クマが目立たなくなる秘密はメイクアップ効果。光を反射する金属パウダー配合で、パール効果によって目元を明るく見せてくれます

保湿ケアをしながらクマを目立たなくしたい方、量を気にせずたっぷり使いたい方には合っているでしょう。

アイプリン

アイプリン

最後に1つだけコンシーラーを紹介します。コンシーラーは目元を乾燥させて逆効果…というイメージがあるかもしれませんが、アイプリンは美容液入りでお肌を優しくケアしながらクマをカバーしてくれる優れものです。シンプルにコンシーラーと目元用美容液が一緒になった商品と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

コンシーラー初心者の方にも使いやすい筆ペンタイプで、使い方もとても簡単です。

色味は主張の少ない明るめのベージュという感じで、どの肌質にも比較的合いやすい無難さも併せ持っています。

クマに合うコンシーラーってオレンジ?イエロー?コントロールカラー…?なんだかよくわからない!

という方はとりあえずアイプリンを使っておけばOKです。ある程度コンシーラーに慣れてから、自分に合う色をこだわって選ぶと良いでしょう。

良さそうなの、見つかったかしら?
ウインク1

最短を求めるなら美容外科クリニックの力を借りる方法もある

クマ消し医療

いくつかオススメの化粧品を紹介しましたが、化粧品のデメリットは時間がかかること。即効性がないので、改善効果を実感するまでには最低でも3ヶ月は使い続ける必要があります

そんなに待ってられない!

という場合は医療の力を借りると良いでしょう。

1つは注射やレーザー治療で皮膚のターンオーバーを強制的に早める方法です。血流改善や新陳代謝の促進効果が期待でき、早い段階で目元の輝きを取り戻すことができるでしょう。

もう1つは医薬品レベルの高濃度クリームを使う方法です。美白効果が高いとされているハイドロキノンやレチノイン酸を処方してもらい、角質層のメラニン色素に働きかけていきます。

最後にケミカルピーリング。余分な角質を溶かすことで、分厚くなったお肌を明るく変えてくれます。

3つ紹介しましたが、どれもお肌への刺激は強いです。敏感肌の方だと肌荒れが起こる可能性があり、トラブルのリスクも理解しておく必要があります。お肌のタフさに自信がある方やよほどクマがひどい場合のみ、医師とよく相談の上慎重に進めましょう。

目の下のクマは予防が肝心!バランスの良い食事で対策を

バランス良い食事目の下のクマを改善するには時間がかかるもの。つまり大切なのは「予防」です。

目が疲れないように睡眠をよくとることや日ごろから日焼け止めを使っておくことなどは先ほどお伝えした通りですが、ここではバランスの良い食事についても少し深掘りしてお伝えしていきます。

まず眼精疲労にはビタミンAとビタミンCが効果的とされています。ビタミンAはレバーやうなぎ、にんじんに豊富に含まれている成分。ちなみにβカロテンもビタミンAと考えてOKです。

ビタミンCは多くの食品に含まれている万能の成分ですが、特に美容効果が高いことで知られています。眼精疲労だけじゃなくエイジングケアにも効果的なので、積極的に取りたい栄養ですね。ビタミンCが豊富な食材と言えばレモンやアセロラなど酸っぱいもの。ちょっと苦手…という方はブロッコリーやキャベツなどの野菜類にも多く含まれていますよ

青クマを予防するには血液サラサラ効果が期待できる食品を。玉ねぎ、またはらっきょうが有名ですね。体を温めるという意味で生姜も積極的に取りたい食品です。

茶くまにならないためにはターンオーバーを正常に回すことが大切です。ターンオーバーを簡単にいえば「新しい皮膚を作って古い角質を排出すること」。新しい細胞を作るためにはアミノ酸やタンパク質が必要ですよね。魚や鶏肉など良質なタンパク質をしっかりとることや、カルシウム・マグネシウムなどのミネラルも大切です。ひじきやワカメなど海藻類を忘れず摂取してくださいね。

まとめ

まとめ

この記事では青クマ・茶クマを見分ける方法やそれぞれの原因と対処法について詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

目の下にクマがあると疲れて不健康に見えますし、老けて見えしてしまうので困りものです。ぜひ自分に合った方法でクマを解消して、いつまでも若々しく美しい目元をキープしてくださいね。

繰り返しになりますが、目の下のクマは何よりも予防が大切。無理のない生活スタイルを送ることや丁寧なスキンケア、特にアイクリームを使った目元ケアはとても効果的です。

「まだ何も取り組んでいない…」という方は、マイナス5歳肌を目指して今日から目元ケアを始めてみませんか?
ウインク1

【まつげが変われば人生も変わる!】

まつげは理想的な目元になるための大事なパーツですよね!

ちゃんとケアしてますか?まつげが変わると人生も変わります。

バッサ編集部ではこれまでにまつげ美容液を40本以上使ってきました。

本当におすすめできるまつげ美容液って何?」の答えをあなたにお届けしたいので、最近まつげが気になっている人はぜひこちらをチェックしてくださいね!

コメントは受け付けていません。